この星の格闘技を追いかける

【UFC213】チアゴ・マヘタ、マーシャートに圧勝しゲガール・ムサシとの再戦をアピール

<ミドル級/5分3R>
チアゴ・マヘタ(ブラジル)
Def.2R2分04秒by TKO
ジェラルド・マーシャート(米国)

サウスポーのマーシャートがまず左ストレートから前に出る。マヘタのローをキャッチしてテイクダウンしたマーシャート。マヘタは蹴り上げからスタンドに戻るが、マーシャートはボディロックからテイクダウンしスクランブルのなかでパンチを連打する。ダブルのマヘタはシングルからガードを取り、スタンドに戻る。直後に左フックを被弾し、テイクダウン狙いを切られるとパウンドを連打される。

マーシャートが引き込むと、スタンドに戻ったマヘタの指が目に入り試合が中断される。再開に応じてなお、左目を気にするマーシャートは左ストレートを打たれる。テイクダウン狙いも寝技に持ち込むことができないマーシャートに対し、マヘタが足を入れ替えて右ハイを狙う。マヘタは右ミドル、マーシャートは左ミドルを返し、間合いが離れたところで初回が終わった。

2R、組みから打撃を狙い離れたマーシャート。続くシングルを切られ鉄槌を連打されガードを取り、パンチを続けられた亀、再びガードに。ハーフで抑えたマヘタはバックコントロールから想い鉄槌を落とす。さらに左右のパンチを入れ、立ち上がったマーシャートにヒザ蹴りを突き刺す。

テイクダウン狙いから動きを止め、亀、ガードを繰り返し殴られる続けるマーシャートは鉄槌の連打でついにTKO負けとなった。「僕はストライカーだから立って戦いたいけど、柔術の練習もしているしテイクダウンディフェンスも成長している」と言い、ゲガール・ムサシとの再戦をアピールした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie