この星の格闘技を追いかける

【UFN112】初回のダウンから盛り返したミーンズがガルシアに逆転判定勝利

<ウェルター級/5分3R>
ティム・ミーンズ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アレックス・ガルシア(カナダ)

ご当地ファイターのミーンズが、他では聞かれない大声援を受ける。そのミーンズに左フックを入れたガルシア。サウスポーのミーンズは左ボディを伸ばす。右を当てて、左フックをヒットさせたガルシアは動きが止まったミーンズにダブルレッグを仕掛ける。ケージを背にヒザ蹴りを入れて離れたミーンズ。ボディを入れるも左を被弾。オーソだが、ガルシアは左のパンチが強い。

左の蹴りが入りそうなミーンズだが、左を警戒してかなかなかキックは見られない。ガルシアはもう一つの得意技、右アッパーも交えてスタンド戦をリードした。

2R、左ジャブを当てるガルシア。ミーンズは左ボディを続け、テイクダウンに入らせないよう戦う。ガルシアはシングルレッグからボディロック、さらにダブルレッグもミーンズは左腕を差してテイクダウンを許さない。離れた両者、ミーンズは左ストレートを当てる。ガルシアの右は空振りに、そしてミーンズが左ストレートを見事にヒットさせる。

ガルシアはパンチの精度が落ち、ミーンズが盛り返す2R。左を当てられたガルシアが下がる場面が目立って生きた。ミーンズは左ボディを続け、右ジャブも届かせた。

最終回、右を振るってシングルレッグを狙ったガルシア。これを切ったミーンズに左フックを狙う。と、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったガルシアだったが、直後にミーンズがフックスイープからスクランブルに持ち込んで立ち上がる。パンチはミーンズの方が当たるようになり、ガルシアの右フックが空を切る。逆にミーンズの左ストレート、右ジャブがガルシアの顔面を捉える。

距離を詰めることができないガルシアは、左フックを受ける。ガルシアの右ミドルもブロックされ、試合は残り1分に。ミーンズは右ローを蹴りこみ、左ボディストレート。ガルシアの前進&右はしっかりとダックでかわす。跳び蹴りも空振りとなったガルシア、ミーンズも最後の回転バック拳と蹴りは当たらずタイムアップに。

結果、ジャッジ3者ともミーンズ勝利を支持した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie