この星の格闘技を追いかける

【UFN112】序盤は打撃、中盤テイクダウン、終盤はグラウンドでヴェットーリがミランダを制す

<ミドル級/5分3R>
マーヴィン・ヴェットーリ(イタリア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ヴィトー・ミランダ(ブラジル)

右ローから左ストレートを伸ばすヴェットーリ。続いて左ミドル、そして左ストレートを放つ。ミランダは右ハイも、左フックを被弾し右ローを返す。ヴェットーリは左ヒザに続き左ストレートを当て、右から左のワンツーを伸ばす。ミランダの右ボディストレートにもヴェットーリが左ハイ、左ストレートとプレッシャーを掛け続ける。

右ストレートから左、さらに左を当てるヴェットーリはミランダの蹴りをさばいて飛びヒザへ。ヴェットーリはクリンチから、スピニングバックフィスト。ワンツーからダブルレッグで尻もちをつかせる。バタフライフックをヴェットーリが攻めあぐねると、ミランダはスタンドに戻る。その後の打撃戦でも優勢だったヴェットーリが初回を取った。

2R、ヴェットーリは左ロー、右ローを続け左ハイ。飛び込んでワンツーを入れる。ミランダも右ストレートを返し、右ロー、そして右ハイにつなげる。ローを効かせたミランダが、圧力を強めるもヴェットーリも左を返す。ヴェットーリのダブルレッグを切ったミランダは左ボディストレート。ヴェットーリは左ミドルを蹴るが、口が開きスタミナが切れてきたか。

ミランダは左ローを連続で蹴りこむと、左ハイへ。組まれても体を入れ替えたミランダだったが、ヴェットーリも負けじとワキを潜ってバックに回る。ミランダはキムラ狙いで引き込み、トップを許してしまう。蹴り上げからスタンドに戻ったミランダだが、左ローにダブルレッグを合わされてしまい、2度目のテイクダウンを許した。

最終回、両者の蹴りが交錯し、ミランダは左ジャブ、右フックを当てる。左ローを蹴りこむミランダに対し、ヴェットーリがショートの連打を見せる。ミランダは右ヒザ、ヴェットーリも左ヒザを返す。ミランダ必殺の左ハイは空振りに。それでも右エルボーを打ち込み、左ロー、右ボディフック、ヒザをボディに突き刺すミランダ。ヴェットーリもショートを返すも、かなりスタミナをロスしているようだ。

右エルボー、左ローを決めたミランダはなぜかテイクダウンを狙う。これを切られたミランダも、相当消耗しているか。ヴェットーリがワンツーを返し、ダブルレッグへ。両差しでケージにミランダを押し込むと、テイクダウンに成功する。マウント狙いヴェットーリ、ミランダは必死に足を延ばすが立ち上がることはできず、時間ばかりが過ぎていく。

ハーフでしっかりと固めたヴェットーリはトップをキープしてタイムアップを迎えると、判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie