この星の格闘技を追いかける

【RFC39】朝倉海にKO勝ち、ムン・ジェフン「早くタイトル戦に近づきたい」

Moon Jae Hoon【写真】勝利者トロフィーを手にしたムン・ジェフン。緊張から解放され、喜びと自信に溢れていた(C)KAORI SUGAWARA

10日(土・現地時間)、韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されたROAD FC39で、朝倉海を左フックで破った勝利はムン・ジェフンにとって、1年5ヶ月ぶりの勝利だった。

大会終了後、ファンの写真撮影に応じるムン・ジェフンをキャッチし、勝利の要因とタイトル戦への思いを訊いた。


──おめでとうございます。階級をフライ級に落としてから初の勝利です。

「ありがとうございます。試合までは肉体的な厳しさもありましたが、心を鬼にしてかなり厳しい準備をしてきたので勝てて嬉しい限りです。もし今回負けていたら3連敗で、タイトル戦からもかなり遠ざかってしまいます。なので、自分で『決して負けない』と心に鞭を打って練習してきました」

──ムン・ジェフン選手が主導権を握り終始試合をリードしていました。

「朝倉選手は試合の序盤から凄く強い選手なので、それを邪魔するようにしました。朝倉選手が期待通りに序盤から強気で攻めてきたので、『これはかかったな!』と感じ、自分にとって有利な試合に出来ると思いました。

それを確信と呼べるのかと言うと難しいところなのですが、厳しい試合になると覚悟の上だったからそう思えたのだと思います。自分には『打撃王』という別名もあります。練習もたくさんしてきましたし、彼に負けないという自信はありました」

Moon Leg kick──初回は朝倉選手の良いところをうまく消し、2Rからはテコンドーの技を使うなど、ムン・ジェフン選手が自分の得意なところで勝負をかけていました。

「そうですね。1Rのパンチを中心に攻める作戦が上手く効いたようで、彼がパンチを気にし過ぎで、凄く警戒していました。なので、2Rは序盤にキックを出してみたら、入っている手応えがあったので『これはイケる!』と思い、テコンドーの蹴りを結構出しました。入って良かったです」

──対する朝倉選手はグラウンドの展開へ持ち込もうとしていました。

「はい。打撃が通じなければグラウンドへ入るのは選手としては当然の選択なので、自分もテイクダウンディフェンスの練習はしてきました」

──結果は計量後に宣言していた目標通りのKO勝利です。

「実はKOは自分でも予想していなかったです。1、2Rで攻撃を効かせられたので、3Rはそれをもっとパワーアップさせて攻めようかと思っていたのですが、タイミングよくKO出来たので、めちゃくちゃ嬉しかったです!」

──フライ級での2試合目を終えて、手応えはいかがでしょうか。

「バンタム級よりも当然ながら減量は厳しいんですけれども、それを除けば特に難しいことはないと思います。タイトルを手に入れることが一番の目標です。これから1、2試合くらい勝つことが出来れば、タイトル挑戦権をもらうことも可能なのではないかと思います。

できる限りたくさん試合をして、とにかく早くタイトル戦に近づきたいです。それと、ずっと前から目標はチャンピオンになることだけだったんですが、これからはできれば長く、できるだけ楽しく選手生活を送りたいです」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie