この星の格闘技を追いかける

【UFN111】アジア最強女子にもUFCの壁。キム・ジヨンがプシオワに判定負け……

<女子バンタム級/5分3R>
ルシエ・プシオワ(チェコ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
キム・ジヨン(韓国)

ついに念願のUFC出場を果たしたキム・ジヨン。いきなりワンツーを見せたジヨンは、プシオワのローに左を合わせていく。プシオワはストレートに近い左ジャブを当てていく。右クロスを当てたジヨンだが、プシオワは前に出てくる。引き続き左ジャブを当てるプシオワが左ロー、ジヨンは左から右を返すも距離はプシオワだ。前に出たところで左を被弾するジヨンは、プシオワの距離の取り方に戸惑っているか。

それでもジヨンが右をヒットさせると、プシオワも左を返す。左ミドルを入れたジヨンは、右のパンチが大きくなっている。左を打ち合った両者、プシオワは打ち終わりでポジションを変えて連打は受けない。ジヨンの左ハイキックが顔面を掠めたプシオワが、スーパーマンパンチを入れて初回を取った。

2R、プシオワの左ジャブを受け続けるジヨンは、距離と角度をアジャストできるか。右を2発放ったジヨンが、クロスの右を打ち込む。ショートで連打を入れたジヨンは右ストレートを当てて、得意の右オーバーハンド気味のパンチを打ち込む。クリンチに出たプシオワがケージにジヨンを押しこむもジヨンは両差しからヒザを突き上げる。プシオワは左のボディを打つも、ブレイクが掛かる。

離れたジヨンは右クロスが、右アッパーをヒットさせる。左ジャブをかわして、右クロスを狙うジヨンの右が2度続けてプシオワの顔面を捉える。またも組み付いたプシオワだったが2Rは落とした。

最終回、左にステップを踏んで左ジャブをかわすようになったジヨンに対し、すぐにプシオワが組んでいく。ケージにジヨンを押し込んだプシオワはウィザードでバックを許さない。それでもワキを潜っていったジヨンに対し、急ぎ胸を合わせたプシオワだったがレフェリーがブレイク。

直後にジヨンは右を当てるも、プシオワがショートのパンチを見せて組みに行く。頭を抱えてギロチンの形に入ったプシオワ、ジヨンは頭を捻られヒザをつく。ハイエルボー・ネックロックのような形になり、ついに引き込んでジヨンはハーフから上を取り直す。

ハイエルボー・ギロチンを続けるプシオワだが、ジヨンは頭を抜いてトップに。残り70秒、蹴り上げからプシオワが立ちあがると、すぐに組み付いていく。両差しも再びクビを取られたジヨンはヒザをボディに受ける。ジヨンはテイクダウンを奪えず、タイムアップを迎えた。

最終回、打撃戦に持ち込むことができなかったジヨンは判定負けに首を傾げてものの、この判定は妥当だ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie