この星の格闘技を追いかける

【WJJC2017】ライト級、細川顕&岩崎正寛──かく戦えり

Light【写真】2年連続、レプリと土曜日に肌を合わせることなった岩崎(C)MMAPLANET

1日(木・現地時間)から4日(日・同)にかけてカリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドで開催されたブラジリアン柔術世界選手権=ムンジアル。柔術世界一を決定する世界大会レビュー第6回は、ライト級に出場した二人の日本人選手、細川顕と岩崎正寛の戦いぶりを報告したい。


01<ライト級1回戦/10分1R>
カイオ・アルメイダ(ブラジル)
Def. by 4-2
細川顕(日本)

細川の初戦は、昨年のワールドプロ大会で対戦し、スイープ合戦の末に僅差で敗れたアルメイダとの再戦。あれから1年間の成果を発揮したいところだ。

試合はダブルガードから開始。細川がベリンボロを仕掛けると、アルメイダはアキレス腱固めで切り返すが、細川はさらにトゥホールドでカウンター。お互いにアドバンテージが入った。その後細川は再び座るが、相手に触らずに引き込んでしまったため、細川だけペナルティを取られてしまう。

スタンド再開後、再び両者はダブルガードへ。またも細川のベリンボロをアルメイダが足狙いで返す展開で、両者に膠着のペナルティ。しかしその前のペナルティが響き、細川だけ2点献上することになってしまう。これで細川は、もう一つペナルティをもらうと反則負けという状況に追い込まれてしまった。

02その後スタンド再開→ダブルガードという展開がまたしても繰り返されるが、もう膠着ブレイクは許されない細川は上を選択。そこからアルメイダをハーフガードにして腰を切ってのパスを狙うが、アルメイダは体をずらして足を狙うなどして対抗する。やがてディープハーフを取ったアルメイダに対し、足を抜いてのマウントを狙う細川。しかしアルメイダは細川の股に腕を入れて下がると、股間をすり抜けながら向き直って上になり、4-0とした。

点差を広げられ攻撃するしかなくなった細川は、スパイダーからの三角やオモプラッタを狙うが、アルメイダはそのたびに体を抜く。さらに細川がアルメイダのラペルを股間から通して持って立ち上がってのテイクダウンを狙っても、流れの中で巧みに背中を見せて場外に出て、失点をアドバンテージに抑えてみせる。

03さらに細川は引き込んでのベリンボロを狙うが、アルメイダはまたトゥホールドでカウンター。そこで細川はバックに付き掛けるが、アルメイダはまたしても場外へ。さすがに今回は逃避と取られて細川に2点が与えられた。

04残り1分。細川は引き込んでベリンボロからのバックを狙うが、またしてもアルメイダは背を向けて場外へ。意図的に外を目指しているように見えるが、最後に細川が足をかけて崩そうとして外に出たからか、これもアドバンテージ止まり。

05残り30秒。最後の攻撃の機会となった細川はダブルガードの体制からトゥホールドを仕掛けるが、アルメイダも同じ技でカウンター。極められないとみた細川は終了寸前にバックを狙うがここで試合終了。

果敢に攻め込んだ細川だが、前回同様の最低限の動きでカウンターしてくるアルメイダに、またもやしてやられてしまった形だ。序盤にペナルティを取られたことがこの流れを導いたと思われるだけに、拮抗した戦いでは一つ一つの攻防を大切にする必要ありと改めて思わされる一戦だった。

06<ライト級一回戦/10分1R>
岩崎正寛(日本)
Def. by 0-0 アドバンテージ1-0
ディエゴ・コンセイソン(ブラジル)

07岩崎は引き込んで得意のハーフを取ろうとするが、同時にコンセイソンも引き込む。すると岩崎は迷わず上を選択してアドバンテージを一つ獲得してみせた。クローズドガードを取ったコンセイソンは、道着を岩崎の右腕に巻きつけての攻撃等を狙うが、岩崎は安定したベースを作ると、相手の脇や首元を力強く抑えてつけてその攻撃を封じては、ヒジで相手の右足を押し下げてガードを割りにかかる。

08その後コンセイソンが三角を狙うと胸を張った岩崎は、スパイダーガードからの仕掛けにも重心を低くして対処。さらにラッソーから煽ってきても横に飛んでバランスを保つなど、コンセイサオの攻撃を危なげなく遮断してゆく。そして逆に低くプレッシャーをかけては横に動いてのパスを狙っていった。

09結局、岩崎は試合終了まで上からコンセイソンの攻撃を封じきり、最初に獲得したアドバンテージをきっちり守っての勝利。ハーフガードに自信があるからこそ引き込みができ、上でもポイントを許さない自信があるからこそ、そこから上を選択してアドバンテージを獲得。その後は相手の攻撃をシャットアウト。形の上では僅差だが、自らの技術への信頼に基づいた確実な勝利を挙げた岩崎は、前回一本負けを喫した絶対王者ルーカス・レプリ戦に駒を進めた。

10<ライト級2回戦/10分1R>
ルーカス・レプリ(ブラジル)
Def. by 0-0 アドバンテージ 1-0
岩崎正寛(日本)

11試合開始後、ダブルレッグを狙ってゆく岩崎だが、レプリは腰を引いて慎重にさばくと、岩崎の襟と袖を掴んで引き込んでクローズドガードを取る。レプリは下から両腕で岩崎の左腕を狙うが、しっかりワキを絞った岩崎からを崩せない──と見るや、ガードを開いてワキを差してのハーフガードに。そこから前後に揺さぶるが、岩崎は小手を巻いてこらえる。場外側にもつれたが、ポイントは許さなかった。

12スタンド再開後、またしても岩崎のテイクダウンを止めて襟と袖を取って引き込んだレプリは、スパイダーガードから岩崎を浮かせる。そして重心を落とした岩崎の動きに合わせるように再びハーフで岩崎の左ワキを差してゆくが、岩崎はここもバランスを保つ。

14ならばとレプリは再びスパイダーに移動して下から煽るも、岩崎はその度に低い重心や横への移動でバランスを保ち、アドバンテージも取らせない。さらにレプリが三角を狙うと、岩崎は体重をかけてスタックして潰し、中に入った左腕を流されずにヒジで距離を作って防ぐ。諦めて三角を解いたレプリだが、ここでついにアドバンテージを獲得した。

15三角を解いたレプリは、クローズドから腕十字を狙うように横にスピンしてのスイープ狙い。これも低い重心で耐えた岩崎は、ここまでレプリの攻撃をうまく遮断しているものの、ほとんど攻撃らしい攻撃を仕掛けられていない。

16残り1分。後のない岩崎は、レプリのガードをヒジで割ろうとするが不発。終了寸前に岩崎は立ちあがり、レプリの足を押し下げるが、レプリはそれに応じてオモプラッタを仕掛けてかわして試合終了。

去年一本負けを喫したレプリ相手に、ポイントを許さず大きな進歩を見せた岩崎。現在世界で頭一つ、いや二つ抜けた力を保つ絶対王者相手にアドバンテージ1差は、まぎれもなく快挙だ。

しかし、この試合で終始攻め続けていたのがレプリの方なのは事実。しかもレプリはリスクの高い攻撃を仕掛けることもなく、無理せず余裕を持って戦っていたように見えた。現に最後に岩崎が動くと、昨年を思い起こさせるかのようにスッとオモプラッタの態勢に入っている。アドバン1つの敗北は、岩崎の成長を表すと同時に、両者の間にまだ距離があることも示した結果。この差を詰めるために、岩崎のこれからの1年は既にスタートを切っている。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie