この星の格闘技を追いかける

【UFN110】計量終了 廣田&ストラッサー問題なし。マーク・ハント「NZで戦うことは光栄」

10日(土・現地時間)、明日11日(日・同)にニュージーランドはオークランドのスパーク・アリーナで開催されるUFN110「Lewis vs Hunt」もパブリック計量が行われた。

既に前日に本計量を終えている選手達は、水分の戻った体をステージ上で披露。メインで戦うデリック・ルイスとマーク・ハントは、フェイスオフ後に「26年前に違うスポーツのスタートを切ったニュージーランドに、UFCが戻ってきて戦うことができるのは、心の底から光栄に思う」と話し、大きな声援を浴びた。一方のルイスは「前に立ちふさがる相手と戦うのは、いつもチャレンジだ」と話した。

同大会に日本から出場する両者──アレックス・ヴォルカノフスキーと戦う廣田瑞人非常にリラックスした様子で闘志を露わにし、ザク・オットーと対戦するストラッサー起一は計量直後に吐き捨てるように何やら叫び、気合の入った表情を浮かべていた。

なおJJ・アルドリッチと対戦するチャン・ミジョンが118ポンドで計量失敗、ファイトマネーの20パーセントを没収され、契約体重戦に臨むこととなっている。


■ UFN110計量結果

<ヘビー級/5分5R>
デリック・ルイス: 265ポンド(120.2キロ)
マーク・ハント: 265ポンド(120.2キロ)

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン: 186ポンド(84.37キロ)
ダニエル・ケリー: 186ポンド(84.37キロ)

<ライト級/5分3R>
ロス・ピアソン: 155ポンド(70.31キロ)
ダニエル・フッカー: 156ポンド(70.76キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
エンヒッキ・ダ・シウバ: 206ポンド(93.44キロ)
イオン・クテレバ: 204ポンド(92.53キロ)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット: 126ポンド(57.15キロ)
ベン・ウェン:126 ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレキサンダー・ヴォルカノフスキー: 145ポンド(65.77キロ)
廣田瑞人: 146ポンド(66.22キロ)

<ライト級/5分3R>
ビンチ・ピチェル: 156ポンド(70.76キロ)
ダミアン・ブラウン: 155ポンド(70.31キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ルーク・ジュモー: 170ポンド(77.11キロ)
ドミニク・スティール: 170.5ポンド(77.34キロ)

<フライ級/5分3R>
ジョン・モラガ: 126ポンド(57.15キロ)
アシュカン・モクタリアン: 125ポンド(56.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ザク・オットー: 171ポンド(77.56キロ)
ストラッサー起一: 170ポンド(77.11キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
JJ・アルドリッチ: 116ポンド(52.62キロ)
ジョン・チャンミ: 118ポンド(53.52キロ)

<ライト級/5分3R>
チバウト・グーチ: 154ポンド(69.85キロ)
キム・ドンヒョン: 155ポンド(70.31キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie