この星の格闘技を追いかける

【RFC39】朝倉と対戦するムン・ジェフン「目標はKOです」

Family of Moon Jae-Hoon【写真】ムン・ジェフンはパブリック計量後に家族での写真撮影にも快く応じてくれた (C)KAORI SUGAWARA

10日(土・現地時間)、韓国はソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC39で、朝倉海とフライ級で戦うムン・ジェフン。

テコンドー・ベースの積極的な打撃戦を展開することで人気も高いムン・ジェフンはバンタム級からフライ級転向後、中原太陽と対戦したが判定負けを喫した。王座を目指すうえで絶対に負けることは許されないムン・ジェフンを本計量後にキャッチした。


──2度目のフライ級の減量は問題なかったですか。

「体重を落とすのに少し疲れましたが、回復してきました。前回の試合をした後に少し体重が増えてしまったので、今回は前よりももっと体重を落とさなければならなかったんです」

──フライ級で戦いバンタム級との違いは感じられましたか。

「前回の試合はよく準備できたし自信もあったのに、自分が予想していた展開に出来なかったです。今になって振り返ると『自分は負けた』という実感があります。

今度の相手の朝倉海選手はよく動くし打撃が得意な選手ですが、自分も同じで打撃には自信があります。アグレッシブな試合が好きなので、良い試合になると思います。1Rで終わる可能性もありますし、2Rになる可能性もありますけど、明日の目標はKOです」

──朝倉選手の印象を教えてください。

「朝倉選手は実力のある選手なので、相手の得意なところを警戒し、対応できるように練習してきました。刺激的な試合を見せたいと思います。

前回、中原選手との試合は負けてしまい、良くない結果となってしまいました。今度は前以上に凄く沢山練習を重ねてきました。支えてくれている人たちや応援してくれている人たちに良い結果を出して、感謝を表したいです。そしてフライ級のチャンピオンになるのが自分の目標なので、タイトル戦をやりたいです」

■RFC39計量結果

<Road FC女子アトム級王座決定戦/5分3R+Ex1R>
ハム・ソヒ : 48.4キロ
黒部三奈: 48.2キロ

<無差別級/5分3R>
ミョン・ヒョンマン: 116.9キロ
アオルコロ: 157.1キロ

<女子無差別級/5分2R>
世Ⅳ琥: 83.1キロ
チョン・ソンユ: 64.8キロ

<フライ級/5分3R>
ムン・ジェフン: 57.5キロ
朝倉海: 57.3キロ

<ライト級T最終予選/5分3R>
キム・スンヨン: 70.4キロ
ラファエル・フィジエフ: 70.3キロ

<無差別級/5分R>
シム・ユンジェ: 125.3キロ※シム・ゴンオから改名
キム・チャンヒ: 162.6キロ

<80キロ契約/5分3R>
チャ・インホ: 80.3キロ
ラ・インジェ: 80.4キロ

<フェザー級/5分2R>
キム・セヨン: 65.8キロ
イ・ジョンヨン: 66.0キロ

<ライト級T中国予選 /5分2R>
バオ・インカン: 70.1キロ
ジュマビエク・ハビティ: 69.6キロ

<女子アトム級/5分2R>
ホ・ユンハ: 49.7キロ→49.4キロ
荒井みか: 48.8キロ→48.5キロ

<バンタム級/5分2R>
キム・ヨング: 61.6キロ
ヤン・ジェウン: 61.4キロ

<ライト級/5分2R>
イム・ビョンハ: 70.4キロ
キム・ヨハン: 70.1キロ

<ウェルター級/5分2R>
スチュアート・グッチ: 77.4キロ
イ・ジンギュ: 77.1キロ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie