この星の格闘技を追いかける

【UFC212】ヴィトーがマーコートとのベテラン対決を制す

<ミドル級/5分3R>
ヴィトー・ベウフォート(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.29-28
ネイト・マーコート(米国)

サウスポーのヴィトーに対してマーコートは左のアウトロー。右ストレートで飛び込むと、首相撲の状態から足を内側から刈ってテイクダウンを奪う。インサイドガードでトップキープするマーコートだったが、レフェリーが早いタイミングでブレイクを命じる。

再開後、ヴィトーがジャブをついて左ストレートと左ハイキック。マーコートは左のアウトローを蹴って距離を取り、ヴィトーの前進に合わせて右ストレートを狙う。ヴィトーはパンチで飛び込むチャンスをうかがうマーコートに左ミドルを蹴る。

2R、距離を取るマーコートが飛び込んでの右。右ミドル・左ハイを飛ばす。前に出るヴィトーも左アッパーを当てると、左ハイから距離を詰めてケージを背負うマーコートにパンチとヒザ蹴りを浴びせる。

離れたマーコートはサイドキックやジャンプキックも見せつつ、飛び込み際の右ストレート、右ミドルをヒットさせる。ヴィトーも左ミドルを蹴るが、攻撃が単発に終わってしまう。

3R、二段前蹴りを繰り出すマーコート。右ミドル・右前蹴りでヴィトーに距離を詰めさせない。その後は互いに見合う時間が長くなり、マーコートが右ストレートを見せるも当たらず。

ヴィトーも左ストレート・左ハイキックを見せるがマーコートのガードの上を叩く。残り2分を切るとヴィトーが左の攻撃から前進。手数を増やして攻め込むが、マーコートを崩せない。終了直前、マーコートが右ストレートで飛び込み、ヴィトーが左アッパーを突き上げる。

試合終了と同時に自らの勝利をアピールする両者。判定はジャッジ3名とも29-28でヴィトーを支持し、ヴィトーが勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie