この星の格闘技を追いかける

【Pancrase287】石渡伸太郎に挑戦、ハファエル・シウバ「全局面で5Rをしっかりと戦える」

Rafael Silva【写真】かなり体調が良さそうだったハファエル・シウバ。強いファイターがより強くなっている印象だ…… (C)PANCRASE

25日(木)、東京都渋谷区の和術慧舟會HEARTSにて、28日(日)にディファ有明で開催されるPancrase287に出場するブラジリアン3選手、ハファエル・シウバ、キンバリー・ノヴァス、タイアニー・ソウザの公開練習が行われ、それぞれが共同取材に応じた。

ここでは石渡伸太郎の持つKOPバンタム級王座に挑む、ハファエル・シウバの記者との問答を置伝えてしたい(要約)。これまでより体重を落としての来日、強さに磨きが掛かっているシウバだった。


──今のコンディションは?

「とても良いよ。日本に来てから休めたし、練習もできたから」

──改めて石渡選手の印象を教えてください。

「チャンピオンだし、タフだよ。でも、僕もそういう相手とずっと戦ってきたし、良い試合をしたいね。ケージで自分の全てをぶつけるだけだよ」

──サウスポーの石渡選手と戦うことで、何か作戦はありますか。

「対策はしてきた。でもウエダもサウスポーだったし、全く不安はない」

──テイクダウンが強いですが、組むまでの打撃の重要性をどのように考えていますか。

「これまでの自分の戦いはテイクダウンが大きな武器だったけど、打撃だって使ってきた。UFCで戦ってきた相手ともやってきたし、そういう相手と戦うにはコンプリートでないと太刀打ちできない。だから、全ての局面で5Rをしっかりと戦えるよう備えてきたよ」

──サウスポーの相手にはボディを狙わる場面がこれまでも見られました。

「僕には僕のスタイルがあって、相手には相手のスタイルがある。さっきもいったけど、サウスポーと戦ってきた経験をいかすだけだよ」

──これまで減量には苦労してきた印象がありますが。今回はかなり落としての来日に見えます。

「あと3キロ。これまでより軽くして日本に来たんだ。減量で消耗することなく仕上げることができると思う」

──では日本のファンにメッセージをお願いします。

「タイトルマッチの機会をもらえて嬉しい。日本を愛しているし、チャンピオンになって日本でもっと戦いたいと思っているので、応援してほしい」

■ Pancrase287対戦カード

<フェザー級/3分3R>
近藤孝太(日本)
平山学(日本)

<フライ級/3分3R>
廣中克至(日本)
井上皓平(日本)

<バンタム級KOPT/5分5R>
[王者]石渡伸太郎(日本)
[挑戦者]ハファエル・シウバ(ブラジル)

<ストロー級QOPT/5分5R>
朱里(日本)
キンバリー・ノヴァス(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
日冲発(日本)
田中半蔵(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
三浦彩佳(日本)
タイアニー・ソウザ(ブラジル)

<フライ級/5分3R>
若松佑弥(日本)
古間木崇宏(日本)

<バンタム級/5分3R>
佐久間健太(日本)
福島秀和(日本)

<ライト級/5分3R>
石川英司(日本)
冨樫健一郎(日本)

<ストロー級/3分3R>
江泉卓哉(日本)
前山哲兵(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
山本雄希(日本)
深谷誠(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
太田裕稀(日本)
ブラック・コンバ(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
堀江圭功(日本)
手塚勇太(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
藤﨑航汰(日本)
小島勝志(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
齋藤拓矢(日本)
鬼山斑猫(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
木村一成(日本)
直斗(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
髙城光弘(日本)
坂野周平(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
山本哲也(日本)
萩原一貴(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
赤崎清志朗(日本)
渡辺竜也(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
鈴木千裕(日本)
川端康(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
高島俊哉(日本)
後藤琢也(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
御代川敏志(日本)
松村慶(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie