この星の格闘技を追いかける

【KSW39】今週末の注目イベント KSWがワルシャワの国立競技場で5万人イベント!!

Mateusz Gamrot【写真】12勝無敗のライト級王者が元UFCファイターにどのような試合を見せるか(C)KSW

27日(土・現地時間)、ポーランドはワルシャワのPGEナルドヴィで行われるKSW39 「Colosseum」は同プロモーションにとって初のスタジアムショーとなる。


同会場はネーミングライツによりPGEナルドヴィと称されているが、以前はワルシャワ国立競技場と呼ばれていた大会場を舞台に、35階級のタイトル戦を含んだ11試合が組まれている。ゴリゴリ&ガツガツ&パッツンパッツンのヘビー級戦が4試合組まれたモンスターショーには日本からクレベル・コイケも出場し、マルチン・ロゼクと対戦の持つフェザー級王座に挑戦する。

またボリス・マンコフスキー、マメッド・ハリドヴ、トマス・ナルクンらポーランド・トップファイターが総出場となるなか、ライト級王座防衛に挑むマテウス・ガムロに注目したい。挑戦者は元UFCファイターのノーマン・パーク、独自進化を遂げてきたKSWファイターが世界標準の相手に実力を誇示できるか。

また、第2試合出場のダミアン・ヤニコフスキはロンドン五輪グレコローマンレスリング84キロ級の銅メダリスト。国立競技場で五輪メダリストがMMAデビュー戦を戦う──KSWの浸透力が示されている一戦だ。

■ KSW39対戦カード

<ミドル級/5分3R>
ボリス・マンコフスキー(ポーランド)
マメッド・ハリドヴ(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
マリウス・プシャノウスキー(ポーランド)
ティベリヨシュ・コバルチュ(ポーランド)

<KSWヘビー級選手権試合/5分3R>
[王者]フェルナンド・ロドリゲス・ジュニオール(ブラジル)
[挑戦者]マルチン・ロザルスキ(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
パベウ・ラク(ポーランド)
ロベルト・ブルネイカ(リトアニア)

<KSWライトヘビー級選手権試合/5分3R>
[王者]トマス・ナルクン(ポーランド)
[挑戦者]マルチン・ボイチク(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
ミハウ・キタ(ポーランド)
ミハウ・アンドレシャク(ポーランド)

<KSWライト級選手権試合級/5分3R>
[王者]マテウス・ガムロ(ポーランド)
[挑戦者]ノーマン・パーク(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ウカシュ・ユルコフスキ(ポーランド)
ティエリー・ソクジュ(カメルーン)

<KSWフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者]マルチン・ロゼク(ポーランド)
[挑戦者]クレベル・コイケ(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
ダミアン・ヤニコフスキ(ポーランド)
ジュリオ・ガレゴス(米国)

<KSW女子フライ級王座決定戦/5分3R>
アリアネ・リプスキ(ブラジル)
ディアナ・ベルビタ(ルーマニア)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie