この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC23】不思議な姿勢のダブルレッグを決め続け、ニエズビッチがポルトを破り10連勝達成!!

<フライ級/5分3R>
アグニシュカ・ニエズビッチ(ポーランド)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ヴェネッサ・ポルト(米国)

左ジャブ、右関節蹴りを繰り出すニエズビッチ。ポルトの前蹴りを払い、ワンツーを伸ばす。ポルトはテイクダウン狙いを伺わせ、左ローを続ける。ニエズビッチも左ローを返すも、序盤は静かな展開に。と、腰高の構えだったニエズビッチが一転ダブルレッグでテイクダウンに成功する。自ら立ち上がったニエズビッチを追いかけたポルトはシングルで逆に尻餅から、頭を抱えながらも背中をマットにつけさせる。

ニエズビッチはケージを背にしてスタンドに戻ると、左ジャブの相打ちからポルトのテイクダウン狙いを潰し、直後に素早く組んでテイクダウン。アナコンダを仕掛けるなど、ニエズビッチは思い切りの良いグラップリングで試合をリードした。

2R、構えはやはりアップライトのニエズビッチ。右ミドルを突き刺して、組みつく。右を当てた直後にダブルレッグも、ポルトがネルソンのような形で上を取る。ラバーを狙うニエズビッチに鉄槌を落としたポルトが、立ちがってパウンドを落とすが三角絞めに捉えられる。

垂直の位置を取っているポルトに対し、ニエズビッチが腕十字へ移行するか。下からパンチを入れるニエズビッチがスラムにもクラッチを解かず足の間に潜って腕十字へ。体が平行になり腕は問題なくなったポルトだが、頭が抜けずこのままの態勢に2Rを戦い終えた。

最終回、ポルトの前蹴りを捌くニエズビッチだが、手数は少ない。そして、一気のダブルレッグもポルトが準備していたか苦も無くスプロールする。ニエズビッチは左フックを空振りし、またもテイクダウンを切られる。ポルトもローから後の攻撃がなかなか見られない。残り90秒を切り、ニエズビッチが右ローに合わせてダブルレッグに成功する。ヒップエスケープから立ち上がろうとするポルトをリリースし、自らスタンドに戻ったニエズビッチはスピニングバックフィストも空振りに。

ケージを背負ったニエズビッチに組みついたポルトがボディロックから崩していくが、背中を付けさせることはできずにタイムアップに。3‐0で判定勝ちしたニエズビッチは「最初の2Rは良かった。トレーニングキャップの成果が出たわ。彼女はテイクダウンが強いけど、打撃からテイクダウンで攻めることができた」とキャリア無敗をキープし、10連勝となった試合を振り返った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie