この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC23】インジア・ゴメス、ガス欠も前に出続けてスプリットで逃げ切る

<フェザー級/5分3R>
エジアネ・ゴメス(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
パム・ソーレンソン(米国)

両者の右が交錯し、ゴメスの前進にソーレンソンがカウンターを当てていく。構わず組んだインジア・ゴメスが一気にテイクダウンに成功する。ハーフからクローズドに戻したソーレンソンに対し、ゴメスはパンチを落とす。ソーレンソンが腰を切っていくも、鉄槌を連打されスクランブルに持ち込めない。左の鉄槌、エルボーを落とすゴメスは右の拳も打ち込んでいく。残り30秒の蹴り上げで離れたゴメスだが、飛び込んでパンチを入れマウント奪取。腕十字狙いで最後は下になったが、4分ほどトップを取り続けたゴメスが初回を取った。

2R、右を打ち込んだゴメスは、パンチのラッシュ。足が揃い始めたソーレンソンに組みついてケージに押し込む。ヒザを見せるソーレンソンが離れると、ゴメスは左を当てる。再び右を当ててラッシュを掛けたゴメスが、即テイクダウン。ソーレンソンがクローズドを取り、残り90秒でレフェリーがブレイクを命じた。ゴメスの右にカウンターを当てる場面もあったソーレンソンは、ローを蹴り右フックを打ち込む。続いて右オーバーハンドをヒットさせるソーレンソン、ゴメスはガス欠か……。ポイント的にはゴメスだが、最終回に不安を残す終盤となった。

最終回、踏み込んで右ボディストレートを打ち込んだソーレンソンが、左ジャブから右ボディフック。ゴメスのパンチは届かない。対してソーレンソンはローとジャブを当て、右ストレートにつなげる。さらに右オーバーハンドを当てたソーレンソンは、ワンツーを被弾してからの打ち合いでも攻勢に。大振りでバランスを崩し気味になってきたゴメスは、右を当てても即、反撃の右を被弾する。ソーレンソンが右ボディを入れ、左ジャブから右ストレートを当てる。ゴメスも下がらず前に出る姿勢を見せ続ける。残り40秒でテイクダウン狙いを潰され、下になったゴメス。ソーレンソンは立ちがってスタンド勝負を望む。しかし、ダウンを奪うような攻撃はなくスプリット判定でゴメスが逃げ切った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie