この星の格闘技を追いかける

【Bellator179】チーク・カンゴ、らしい試合でアウグスト・サカイにスプリット判定勝ち

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ(フランス)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アウグスト・サカイ(ブラジル)

ケージ中央のカンゴ、サカイがその周囲を回る。カンゴがジリジリと前に出て、サカイが右ローを空振りし、右前蹴りを見せる。カンゴは待ちの姿勢で、右ローを受ける。ケージを背負うようになったカンゴは左に回り、ここもカウンター狙いに集中し手を出さない。サカイの踏み込みが深くなり、重い右ローが決まる。サカイが左ロー、残り90秒で初めてカンゴが右ローを当て、右を伸ばして組んでいく。ケージにサカイを押し込んでクリンチ合戦も、サカイが右腕を差し左かいなを押し付けて体を入れ替える。カンゴが大内刈りから、ヒザを突き上げたところで初回が終わった。

2R、前に出てワンツーを当てたカンゴ。サカイはパンチを被弾しながら打ち返すが、中間距離はカンゴのモノか。カンゴはワンツーから組みに行き、シングル&ダブルで尻餅をつかせる。頭を押して立ち上がったサカイは、そく背中をケージにつけてボディロックからテイクダウンを防ぐ。

体を入れ替えられたカンゴはヒザ蹴りをいれ、押し込み返しダブルレッグ。ついに尻餅で落ち着いてしまったサカイは、スクランブルで削られてきたか。スイッチから立ちがったサカイに対し、カンゴはヒザをついてテイクダウンを狙う。執拗に押し込んで、倒そうとするカンゴに対し、レフェリーがブレイクを要求する。カンゴはここでも左を見せてからダブルレッグに入るも、上を取れないままラウンド終了となった。

最終回、圧を掛けるカンゴはここでも右を見せてクリンチへ。ここは右を当てて自ら離れる。前に出ることができないサカイは左ミドルを蹴られる。ケージを背負うサカイは、すぐに組まれるも押し込み返してボディに左を入れる。サカイの小外掛けを耐えた今後が、態勢を入れ替える。首相撲にもダブルに出たカンゴ、残り2分でレフェリーがブレイク。

サカイは右ローも、カンゴも右ローを返し左ミドルを繰り出す。サカイは前蹴りでスリップし、なんと背中をマットに着けてしまう。すぐに立ち上がることができなかったサカイをハーフで抑え込むカンゴがトップでタイムアップを待つが、サカイは蹴り上げから立ち上がる。と、残り10秒を切っているが目を抑えてタイムアップを要求したカンゴ。

観客の反応関係なし、自分のやるべきことをやり抜いたカンゴがスプリット判定をモノにした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie