この星の格闘技を追いかける

【Bellator180】オクタゴンの借りはサークルケージで返す。フィル・デイビスがベイダー相手に初防衛戦

Phil Davis【写真】ベイダーに敗れてから、4連勝中の世界ライトヘビー級チャンピオンがリベンジ挑む (C)BELLATOR

25日(火・現地時間)、Bellatorが6月24日(土・同)にニューヨーク州ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されるBellator180でフィル・デイビス×ライアン・ベイダーの世界ライトヘビー級選手権試合を組むことを発表した。


当初の予定ではベイダーのベラトール初陣はキング・モーと対戦予定だったが、今回のリリースではキング・モーの欠場に関しては振れられておらず、デイビスの持つ世界王座にベイダーが挑戦するという形で情報が開示された。

この世界戦はPPVラインナップではなく、モー×ベイダー戦と同じSpike TVカードのメインと手組まれている。この両者は2015年1月にUFC FOX14で対戦しており、互いにテイクダウンを食わないという展開のなか、最後にスプロールからバックに回ったベイダーがデイビスを後方に投げてスプリット判定勝ちを収めている。

王者にとってはリベンジを掛けた初防衛戦はPPVラインナップでなく、モー×ベイダー戦と同じSpike TVカードのメインイベントとして組まれている。なお、同じTVマッチにネイマン・グレイシーが出場し、デイブ・マーフォンと対戦することも明らかとなっている。

デイビス×ベイダー戦が決まったことで、ベラトールにとって初のNYC大会。ライト級、ウェルター級に続き、ライトヘビー級と3階級の世界戦が組まれることになる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie