この星の格闘技を追いかける

【Shooto】修斗世界フェザー級チャンピオン斎藤裕に挑む宇野薫へ── by Grandslamプロ練メンバー

Grandslam traning members【写真】宇野がMMAスパーを行うグランスラムの練習仲間と、指揮を執る勝村代表(C)MMAPANET

23日(日)に浦安市の舞浜アンフィシアター大会で修斗世界フェザー級チャンピオン斎藤裕に挑む、宇野薫。

1996年10月のデビューから、21年目のプロMMAファイター生活を迎え41歳になった今、実に16年4カ月振りに修斗のベルトに挑戦する。総合格闘技界のパイオニアから、J-MMA界のレジェンドに。MMAPLANETでは今回の宇野のチャレンジに向け、現在の練習仲間、そして過去の対戦相手、同年代の関係者から彼への一言を集めた。

Count down to the Ultimate Challenge。──宇野薫へのメッセージ、最終回は宇野がMMAスパーリングを行うGrandslamのプロ練習の仲間、そして勝村周一朗代表から言葉を貰った。


伊藤盛一郎
「以前ZSTでグラップリングの試合をさせてもらったのですが、練習とは全く違うので驚きました。いつも手を合わせている宇野さんは、本当に強い選手だと思います」

勝村周一朗
「このタイミングでのチャンピオンシップは、やはり『持っているな!』と。こつこつと積み上げてきたもので引き寄せたので、今の状態ならいけると思っています」

小見川道大
「修斗に戻ってのタイトルマッチ。その姿は同世代の選手として本当に誇りに思います。常に動いていく宇野さんのスタイルで、タイトルを獲って欲しいです!」

土屋大喜
「一緒に練習させていただいていて今も成長しているし、日に日に強くなっているのが分かります。段々と仕上がってきているなと感じたので、試合が楽しみです!」

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie