この星の格闘技を追いかける

【Shooto】修斗世界フェザー級チャンピオン斎藤裕に挑む宇野薫へ── by 高谷裕之

Takaya vs Uno【写真】今ではYBTで一緒に汗を流すようになった高谷と宇野。時代の流れだ (C)MMAPLANET

23日(日)に浦安市の舞浜アンフィシアター大会で修斗世界フェザー級チャンピオン斎藤裕に挑む、宇野薫。

1996年10月のデビューから、21年目のプロMMAファイター生活を迎え41歳になった今、実に16年4カ月振りに修斗のベルトに挑戦する。総合格闘技界のパイオニアから、J-MMA界のレジェンドに。MMAPLANETでは今回の宇野のチャレンジに向け、現在の練習仲間、そして過去の対戦相手、同年代の関係者から彼への一言を集めた。

Count down to the Ultimate Challenge。──宇野薫へのメッセージ、第6 弾は和術慧舟會所属時代の宇野と出稽古で練習をしてきた高谷裕之の言葉をお届けしたい。

高谷の想う宇野薫と変わらない点、変わったところとは。

高谷裕之
「今日も一緒に練習して、試合前で仕上がってきているし──いつも通り、嫌なところを攻めて来る。嫌な感じでした(笑)。

宇野選手とは慧舟會の頃から練習させてもらっていて、どんどん寝技も強くなっているし、打撃も上手くなり常に変わり、進化しています。でも、さっきも言ったようにネチネチと僕の嫌なところを攻めて来るのが嫌なところで、また巧いところでそこはずっと変わりません。

昔は寝技でも練習なら強くないって言われていたんですけど、今は練習でも凄く強くて嫌な感じです(笑)」

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie