この星の格闘技を追いかける

【RFC38】テイクダウンで優位に立ったスーチョルが涙のバンタム級王座戴冠

<Road FCバンタム級王座決定戦/5分3R+1R Ex>
キム・スーチョル(韓国)
Def.
キム・ミンウ(韓国)

どっしりと構えるスーチョルがパンチとローのプレッシャーをかけて前進。ミンウをケージまで下がらせる。ミンウも距離を取ってローを蹴るが、スーチョルがそのローをとってテイクダウンを奪う。

インサイドガードから身体を起こしてパンチを落とすスーチョル。ミンウも一度は立ち上がることに成功するが、スーチョルがすぐに組みついてテイクダウンする。

ミンウはガードからサブミッションを狙いつつ、ケージに身体を預けて立ち上がる。試合がスタンドに戻るとミンウは前蹴りと右ロー、スーチョルはガードを上げて前に出てダブルレッグへ。切ったミンウが逆にスーチョルをケージに押し込む。

スペースを作って巧みにヒザ蹴りを突き刺すミンウ。スーチョルが距離を取るとジャブから右アッパーを突き上げる。最後はスーチョルがミンウをケージに押し込む形でラウンド終了となった。

2R、サウスポーに構えたスーチョルが左ストレートを見せて、すぐに組みつく。ミンウは身体を入れかえてスーチョルをケージに押し込むと、スーチョルの攻撃がローブローとなってしまう。

再開後、スーチョルが細かくフェイントを入れると、ミンウがワンツーと飛びヒザ蹴り。そのまま組みついてスーチョルをケージに下がらせる。

スーチョルもミンウを突き放して、右ストレートから突進。今度はスーチョルが組みついてテイクダウンを狙うが、ここでスーチョルの放ったヒザ蹴りが下腹部をとらえ、ミンウにとっては2度目のローブローとなってしまう。

ミンウにインターバルが与えられ、スーチョルにイエローカードが提示されて試合は再開。先にスーチョルが前に出てミンウに組みつくと、ミンウは首相撲のようにスーチョルの身体を回してスーチョルをケージに押し込む。

ケージ際で組みの攻防が続く中、スーチョルがダブルレッグに入ってテイクダウン。尻餅をつくミンウだったがケージを使って立ち上がりヒザ蹴りを突き刺す。

今度はミンウのヒザ蹴りがローブローとなるが、スーチョルはすぐに試合再開を要求。再開後もすぐにケージ際で組みの攻防となり、スーチョルがシングルレッグでミンウのバランスを大きく崩すがテイクダウンを奪うまでには至らない。

一度、レフェリーのブレイクが入ったあと、再びスーチョルがシングルレッグからテイクダウンを狙うが、ここもミンウは倒れない。

3R序盤もケージ際で組みの攻防となり、ミンウがスーチョルのヒザ蹴りがローブローだとアピール。ここはそのままブレイクで試合再開となり、スーチョルがバックスピンキックを繰り出す。

ミンウが距離を取ってローを飛ばすと、スーチョルはテイクダウンを奪ってトップキープ。必死に立ち上がるミンウだったが、スーチョルがダブルレッグでケージに押し込んでテイクダウンを奪う。

スーチョルはトップキープを続けながら細かくパンチを落とす。ミンウもスーチョルの身体を蹴り放して立とうとするが、スーチョルはすぐに距離を詰めて立ち上がることを許さない。

そのまま試合は判定となり、テイクダウン&トップキープで優位に立ったスーチョルに軍配が上がった。試合後、ベルトを巻かれたスーチョルは涙を流した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie