この星の格闘技を追いかける

【Shooto】覇彌斗×田丸、修斗の未来対決は、ノンストップアクションの末0-0のドローに

<フライ級/5分3R>
覇彌斗(日本)
Draw 0-0:29-29.29-29.28-28
田丸匠(日本)

まず左ハイを見せた田丸。続いて左ミドルハイから右ミドルと足技を多用する。左ジャブを伸ばし、足をさわる素振りを見せた覇彌斗に右フックから組んで尻餅をつかせる。即バックを取った田丸だが、覇彌斗も胸を合わせて投げる。田丸もすぐに立ち上がったが、またも投げを打った覇彌斗がトップを奪取する。

と、ヒールからリバーサルでトップを取った田丸がシッティングの覇彌斗にギロチンチョークを仕掛ける。覇彌斗がシングルを狙うも、田丸は首を抱えてヒザ蹴り、続いて10フィンガーチョーク。スクランブルのなかでバックに飛び乗った田丸がスタンドながらバックマウントを取る。思い切りパウンドを連打し、鉄槌も入れる田丸が、手首を掴みに来た覇彌斗の背中を伸ばしにかかる。

ヒザをついた状態で耐える覇彌斗にパンチを連打する田丸は腕十字へ。鉄槌を連打して腕を伸ばしにかかった田丸に対し、腕を守るために覇彌斗が顔面を無防備で殴られる。さらにヒジ打ちを打ち合った両者、田丸優位の初回が終わった。

2R、左右のフックを振るった覇彌斗は組み合いのなかで、腰をコントロールして後方にテイクダウン。田丸はスクランブル中にヒザ蹴りをボディに入れ、シングルを首投げの要領で崩して、頭を潰していく。がぶろうとした田丸に対し、覇彌斗は左腕を差して崩すと、バックに回りこむ。テイクダウンからサイドを取りかかった覇彌斗。田丸はやや疲れて来たか。

ハーフでまずコントールした覇彌斗がマウント奪取、暴れる田丸にヒジを打ちつける。肩固めを伺う覇彌斗のマウント状態が続く。田丸のブリッジに肩固めを合わせた覇彌斗は、防がれてもマウントを続ける。パンチとエルボーを入れる覇彌斗はシザースに腕十字を合わせる。

ヒジが伸びないようスラムした田丸だが、2度のスラムもクラッチは解けない。終了間際に腕が伸びかけた田丸が体を捩じって起き上がったところで、ラウンド終了となった。

ラウンドを取り合った両者、勝負の最終回は田丸の左右のハイに覇彌斗がフックを返して組みの展開に。田丸が首投げ。下になった覇彌斗が腕十字も田丸が担ぎパスへ。スクランブルのなかでギロチンを仕掛け下になった田丸が三角絞め。田丸はエルボーで覇彌斗をカットさせる。動きが止まったように見えた覇彌斗は、手を振って極まっていないとアピール。直後に頭を跨いで防いだ覇彌斗が、スタンドに戻ると小外掛けでテイクダウンに成功する。

スクランブルのなかでトップを取り切ったのは覇彌斗。ハーフからパスに成功し、サイドで固める覇彌斗が、サイドバックからパンチ、バックに回り込もうとする。反応して胸を合わせた田丸のボディにヒザを入れ、さらにバックからRNCを狙う。田丸も懸命に胸を合わせていたが、バックマウントを嫌がりマウントを取れてしまう。ケージを蹴って上を取った田丸を、覇彌斗が蹴り上げる。

スタンドに戻ると、動きが止った田丸をテイクダウンした覇彌斗がパンチを落としていく。終了間際に両者が立ち上がり、離れたところで試合はタイムアップに。

修斗の未来を背負う者決定戦は0-0のユナニマス・ドローとなった。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY