この星の格闘技を追いかける

【Pancrase285】三浦彩佳が首投げ&袈裟固めでソルモバに勝利

<ストロー級/5分3R>
三浦彩佳(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
マグダレナ・ソルモバ(チェコ)

組んだ三浦にボディを連打するソルモバ。三浦はヒザ蹴りから、首投げ&袈裟固め。後転して足で三浦の頭を挟もうとするソルモバは、この動きを連続する。三浦は譲らず、袈裟で細かいパンチを入れ続ける。このまま1分、2分と経過しレフェリーがアクションと声をかける。サイドに移行しようとした三浦は頭を抱える状態が続く。ソルモバは後転を繰り返し初回が終わった。ジャッジは3者とも三浦を支持した。

2R、開始直後に組んだ三浦は初回と同様に首投げから袈裟で抑えるも、ここはソルモバが後方回転から立ち上がる。ケージに三浦を押し込んだソルモバがダーティーボクシング、三浦は3度目の首投げを決める。ケージウォークから後ろに回ろうとするソルモバだが、しっかりと抑えられてしまう。

ヒップエスケープから送り出す、あるいは肩ブリッジという選択を持たないソルモバが後方回転を狙うのみ。ニーインベリーを三浦が狙うと、スペースができ足を戻される。立ち上がった三浦にソルモバが蹴り上げを放ち、タイムアップ。この回も三浦が3票を集めた。

最終回、組まれたソルモバがヒザを入れる。小手投げを潰したソルモバは、ケージに三浦を押し込むもエルボーを打たれる。離れたソルモバは前に出てきた三浦に組みついて金網を押し込む。今度はソルモバがエルボーを入れて離れる。組んだ三浦は、またも首投げ。投げられた袈裟で抑えられたソルモバのケージウォークが続く。アクションの声に呼応したように、肩固めに移行した三浦。袈裟に戻り、抑え込む形で試合が進む。ピローアームロックを仕掛けた三浦は、ソルモバがクラッチを組むと袈裟に戻る。最後に15秒で立ち上がった三浦がロー、ソルモバが蹴り上げという形で試合は終わった。

当然、裁定は3‐0で三浦が勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie