この星の格闘技を追いかける

【UFC98】磐石のトップキープでソネンがミラーを振り切る

Sonnen vs Miller■第8試合 ミドル級/5分3R
チェール・ソネン(米国)
Def.3R終了/判定
ダン・ミラー(米国)

【写真】WECミドル級最強の男が、IFL世界ミドル級世界王者を下した。今大会ではラーソン&ソネンとWEC勢が意地を見せている (C)ZUFFA

「少しずつ、ただ全ての面でダン・ミラーを上回っている」というソネンは、いきなりワンツーを受け、前進を止められてしまう。得意のダブルレッグを仕掛けたソネンだが、ミラーは得意のギロチンを仕掛けていく。顔を真っ赤にして首を引き抜いたソネンは、足を払ってパウンドを落とす。

クローズドガードのミラーは、ハイガードを取ろうとするが、ソネンは姿勢を上げガードを割っていく。トップキープからパウンドを落とすソネンに、ミラーはヒザ十字を狙う。正座してこれを耐えたソネンは、バックからアームロック狙いを阻止し、サイドを奪うとエルボーを連続で落としていく。


ハーフガードのミラーの上体を起こさせない抜群のトップキープを見せるソネンは、ケージにミラーを詰め、左のパウンドをヒットさせ、盤石のトップキープとソネンらしい強さを見せ1Rが終わった。

2R、ソネンのテイクダウン狙いを阻止し、ミラーはがぶりからヒザを見舞う。再びダブルレッグで彼を抱えたソネンは、ここでもギロチンを凌ぐ。ソネンの左パウンドがクリーンヒットし、劣勢を強いられたミラーは、ヒザ立ち状態でパウンドを落とすソネンに腕十字を仕掛ける。

これも腕を引き抜き、難を逃れたソネン。ディフェンス能力が高い相手に、ミラーは顔を歪めてガードを強いられ続ける。そのままインサイドガードで2Rを終えたソネンに少しブーイングが浴びせられた。

3R、前に出てくるソネンに左右のフックをヒットさせたミラー。直後のテイクダウンに今度はギロチンを仕掛けることもできなかった。トップキープを続けるソネンは、ハーフからアームロックを仕掛けるが、ミラーのガードをこじ開けることはできなくても無理はしない。

このままでは勝ち目がないミラーが、一本を狙い三角を仕掛けるが、これを潰したソネンは最後までトップキープに終始し、大きなブーイングを受ける。三者とも30-27というスコアで完勝のソネンだったが、勝利者インタビューは用意されなかった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie