この星の格闘技を追いかける

【LFA06】試合結果 ロドリゲスがスプリット判定制し7連勝。マッケンジー、またも計量失敗も連勝伸ばす。

LFA06【写真】3連勝も、2度目の体重超過となってしまったマッケンジー。これはいただけない(C)KEITH MILLS

10日(金・現地時間)、米国テキサス州サンアントニオのカウボーイズ・ダンスホールでLFA06「Junior vs Rodriguez」が行われた。

メインではレイ・ロドリゲスがヒバウド・ジュニオールをスプリット判定の末に破って7連勝。セミでは29歳のアリク・アンダースがジョン・カークを95秒で沈め、戦績を7戦7勝に伸ばしている。マッケンジー・ダーンはストロー級リミットに落とせず、キャッチウェイト戦になり判定勝ち。MMAデビュー以来3連勝となっている。

今大会の全試合結果は以下の通りだ。


LFA06「Junior vs Rodriguez」
<フェザー級/5分3R>
○レイ・ロドリゲス(米国)3R
判定
×ヒバウド・ジュニオール(ブラジル)
<190ポンド(86.18キロ)契約/5分3R>
○アリク・アンダース(米国)1R1分35秒
TKO
×ジョン・カーク(米国)
<女子120ポンド(54.43キロ)契約/5分3R>
○マッケンジー・ダーン(米国)3R
判定
×キャサリン・ロイ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○リチャード・オドムス(米国)2R1分25秒
TKO
×ウィリアム・ホフマン(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○グレイドソン・モライシュ(ブラジル)1R2分38秒
サブミッション
×ディミトリ・アイヴィ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アンソニー・アイヴィ(米国)1R2分04秒
RNC
×アーサー・アシュトン(米国)
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie