この星の格闘技を追いかける

【UFN105】初回優勢のフェレイラだが、セオドロに競り負ける

<ミドル級/5分3R>
アライアス・セオドロ(カナダ)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
セザール・フェレイラ(ブラジル)

セオドロの左ローに左を当てたフェレイラ。左ハイキックでバランスを崩したが、間合いを取り直し左を再びヒットさせる。セオドロの右ミドルに軸足を払う見事な動きを見せたフェレイラはしっかりと動きが見えている。セオドロは右ミドルを蹴りこみ、右ハイを狙う。フェレイラの左ローでセオドロの体が流れる。続く左ミドルをキャッチされたフェレイラだが、ケージを背にして倒れない。離れて左を蹴りに合わせるムタチは、右ミドルをブロックし、続く右ミドルに左をカウンターで打ち込んだ。

2R、セオドロの左ミドルにここではテイクダウンを合わせたフェレイラがバックへ回った両足をフックしていく。胸を合わせた立ち上がったセオドアだが、小外掛けですぐに倒される。バックコントロールには胸を合わせては離れたセオドアが、パンチを空振りしてバランスを崩したフェレイラにダブルレッグ。ギロチンを防いで立ち上がったセオドアは、続くダブルにもギロチンを合わされる。

今度はタイトに入ったように見えたが、セオドアが頭を抜きスクランブルから両者がスタンドに戻る。フェレイラが左を伸ばし、左ロー。セオドアのフックをかわして左を狙ったフェレイラにクリーンヒットはなかった。

最終回、右ミドルから右フックを振るったセオドアは2R中盤以降、プレッシャーを強めている。初回のように左が合わなくなったフェレイラはダブルレッグも切られる。セオドアのスピニングバックフィストも当たらず、やや遠目の距離の攻防が続く。両者、テイクダウン狙いで距離が縮まるとクリンチからフェレイラが崩しを狙う。踏ん張ったセオドアが離れ、またも間合いが広がる。

しかし、前に出てパンチを届かせたセオドアだったが、続く左の蹴りにテイクダウンを合わされバックマウントを許す。フェレイラがアゴの上からRNCを仕掛けるも、セオドアは胸を合わせることができなかったセオドアが、腹ばいになって前方にフェレイラを落とす。立ち上がりながらリフトアップし、投げられたフェレイラが両足で着地してテイクダウンを許さずタイムアップに。

2R移行、勢いでは盛り返したものの攻撃の精度はフェレイラが上――ジャッジはセオドアを支持し、勝者は「3R、僕は疲れていたけど彼はもっと疲れていた。僕はナーバスだったけど、彼はもっとナーバスだった」と話した。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie