この星の格闘技を追いかける

【UFN105】テレブの蹴りをポンジニビョのパンチが上回り、判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
サンチアゴ・ポンジニビョ(アルゼンチン)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ノーディン・テレブ(カナダ)

左右に細かく動くポンジニビョに対し、テレブが右ローを入れる。大きな動きがないまま試合が進み、両者の左が交錯する。テレブの左ジャブ、右ロー、左のミドル&ローが目立つ程度の攻防のなかで、ポンジニビョが右ミドルを入れる。続く右の蹴りをキャッチされたポンジニビョだが、テイクダウンは許さず足を引き抜いた。テレブの左ローが入り、ポンジニビョが左ジャブを返す。

2R、左へ回るテレブがポンジニビョの右ミドルに続く、右のパンチを当てられ目を気にする。明らかに指が伸びていたが、レフェリーはブレイクをかけない。二段蹴りを放つテレブだが、ポンジニビョのパンチを受けるシーンが増えてくる。テレブはスーパーマンパンチも距離が合わない。ポンジニビョは左ジャブを続け、右ローを蹴り下ろす。と、前に出てきたテレブをポンジニビョの右が捉えダウンを奪う。クローズドガードのテレブにエルボーを落とし、足を一本抜いたポンジニビョがトップをキープしたままラウンド終了を迎えた。

最終回、打撃の交換のなかでテレブに指を伸ばさないよう注意が入る。素早いワンツーを放つポンジニビョ、テレブは左ミドルを続ける。そのミドルやローも構わず前に出るポンジニビョがパンチからハイを繰り出す。テレブは右ローを4発、5発と続け左ミドルへ。ポンジニビョは左フックを振るうも、テレブが左ジャブを2発入れる。

残り1分、ポンジニビョの右ミドルにテレブが左フックを合わせ、さらに左ミドルを思い切り蹴りこむ。ポンジニビョも前に出て左ジャブを伸ばし、右を当てる。接近戦でローと右ストレートが交錯し、テレブが左ジャブを連続で決めたところで試合終了。

ポンジニビョの判定勝ちに会場は静まり返った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie