この星の格闘技を追いかける

【HEAT39】ライト級王座決定トーナメント出場、石川英司<02>「韓国人選手はロシアン・ルーレット」

Eiji Ishikawa【写真】「相撲トーナメント」発言などユニークな一面も見せてくれた石川(C)MMAPLANET

19日(日)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されるHEAT39で総合ライト級王座決定トーナメント準決勝に出場、オク・レユンと対戦する石川英司インタビュー後編。

タイトルを取るためにHEATで戦うという石川。オク・レユンに勝った場合、もう一方の山あら誰が勝ち上がってくるのかも気になるところ。この一戦に向けて、どのような準備をしているかも踏まえ、石川に心境を訊いた。

<石川英司インタビューPart.01はコチラから>


──タイトルが欲しくてHEATのライト級王座決定トーナメントに出る。これは本当に結果を出すだけの場、結果ありきのチャレンジといっても過言でありません。

「勝利には100パーセントこだわりを持って戦います。取らなければダメだし。ただし、今回は準決勝ということで決勝のことは考えずに、この試合だけに集中しようと思います。まぁ、考えてしまうんですけどね(笑)」

──トーナメント戦ですしね。

「なるべく後のことは考えずやります」

──そういうなかで失礼なのですが、逆の山は岸本泰昭×長岡弘樹戦が組まれています。ズバリ、どちらが勝ち上がって来ると思いますか。

「これは……正直、分からないです。五分五分だと思っています。岸本選手も長岡選手も強いですし。長岡選手とは5年ぐらい前に吉田道場で一度、練習をさせてもらったことがあります」

──組んで倒す派が揃ったかのようなトーナメントです。

「ハハハハハハハ。本当ですね。相撲トーナメントじゃないんだからって言われかねないです(笑)」

──いやいや、自分は凄く楽しみですね。

「ありがとうございます」

──ケージレスリングを語らずしてMMAは語ることはできません。しかし、これ以上星を落とせないという選手が集まりました。

「ハイ。自分も長年やってきてベルトが欲しいですし。HEATのベルトを獲って、パンクラスのベルトも欲しいので──やります。トーナメント期間はHEATでの試合に集中して、ベルトを巻きに行きます」

──今日はロータス世田谷でグラップリング・スパーをしていましたが、ルーティンではどのようなプロ練に参加しているのですか。

「月曜日がロータスさん、火曜日かHEARTSさん。木曜日がTTMさんですね」

──それぞれの場所での練習には、違った目的を持っているのでしょうか。

「そうですねぇ、月曜日はとにかくたくさん組もうと思っています。でも、ねじ伏せられることに終始します。火曜日は16オンスとMMAグローブのスパーで金(原正徳)ちゃんに、殴られて、蹴っ飛ばされてボコボコにされて。

TTMではMMAグローブのMMAスパーで、やはり皆にねじ伏せられています。ねじ伏せられることを目標にしているわけではないんですけどね(笑)。だから、攻められてばかりでは良いイメージも残せないので、水曜日はGRABKAで階級も下の人とグラップリングをやっています」

──トーナメント出場に関して、練習仲間から何か激励を受けましたか。

「ハイ。青木(真也)君なんかは『祈っている』って言ってくれましたね」

──祈っている(笑)。神頼みじゃないですか。

「ハハハハ。そこは韓国人ファイターは、ロシアン・ルーレットのようなところがあるので、当たらないようにと」

──確かに未知の韓国人ファイターは、一発で即死という強烈な当たりがあることもあります。

「アハハハハハハ。本当にそうなんですよ」

──結果が欲しいので、当たらないことをそれこそ祈っている状態ですか。

「もちろん、強くない方が……という気持ちはあります。でも、強いと思います。もう韓国人選手は。粘りもあるでしょうし。ただし、試合当日は八隅先輩や北岡が来てくれるので。もう一戦一戦が勝負だし、やるしかないです」

──では最後に力強い一言をお願いします。

「ハイ、名古屋で大門旋風を巻き起こします!!」

■HEAT39対戦カード

<ISKA世界ライト級王座決定戦/3分5R>
皇治(日本)
モハメド・ブールフ(ベルギー)

<HEAT総合ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者] エンリケ・スギモト(ブラジル)
[挑戦者] 辰巳豪人(日本)

<HEAT総合ライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
アラン・ボドウ(フランス)
増田裕介(日本)

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
岸本泰昭(日本)
長岡弘樹(日本)

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
石川英司(日本)
オク・レユン(韓国)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
プリンス・アリ(イラン)
笹田勝俊(日本)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
トゥファン・ピラーニ(スウェーデン)
山下力也(日本)

<キック・72キロ契約/3分3R+ExR>
田中STRIKE雄基(日本)
Tomo(日本)

<キック・ライト級/3分3R+ExR>
般若HASHIMOTO(日本)
ダイスケ(日本)

<キック・女子57キロ契約/3分3R+ExR>
鈴木万李弥(日本)
キム・ヒジョン(韓国)

<総合・ストロー級/4分2R>
猪原聖太(日本)
岡部克己(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie