この星の格闘技を追いかける

【BFC07】 ライモン・グッド、決勝進出まず決定

2009.05.21

28b0c816.JPG■第8試合ウェルター級トーナメント準決勝/5分3R
ライモン・グッド(米国)
Def. 2R4分37秒 TKO
ホルヘ・オルティス(メキシコ)

【写真】試合後、母親がケージに呼ばれ、テレビカメラとマイクを向けられて堂々とコメントを残す。グッド家は貧しさ→非行→更生というお涙頂戴路線から、如何にファイトの練習をしているかという試合紹介Vが流れた (C)BELLATOR FC

ウェルター級トーナメント準決勝第1試合、グッドが右ロー、前蹴りを見せてパンチで攻めたいオルティスの前進にストップをかける。左ジャブと左ローで前に出ようとしたオルティスだったが、グッドが組みついて、首相撲からヒザを蹴り上げる。バランスを崩したオルティスに、追いうちの左右のフックを見舞うグッド。

試合が再びケージ中央に移ると、オルティスが左右のパンチを放つが、距離が遠くクリーンヒットには至らない。距離を詰めて、パンチを放つのはグッドで左右の振り回し系のフックでオルティスをケージ際まで追い詰めていく。


自ら距離を取ったグッドに、左ローを放つオルティスだが、奈何せん距離は縮まらないままだ。再び距離を詰めたグッドが、左右のフックを打ち込むがやや精度が低く、もみ合うように両者が手を出し合うなか1Rが終了した。

2R開始早々、グッドはオルティスのローキックに合わせてテイクダウンを奪う。サイドをとったグッド。準決勝までエルボー禁止のベラトール・ルールのため、下から抱きつかれるとパンチを打ち込むことが難しいなか、ボディにヒザを当てていく。

そのままの態勢でオルティスをケージ際に押し込むが、オルティスのクラッチはなかなか切れない。頭をケージに押し付け、上腕を喉元に差し込んでクラッチを切ろうとするオルティスだが、シカゴのファンはブーイングを送る。

ブレイクがかかりスタンドで試合が再開されると、グラウンドでスタミナのロスしたのかオルティスの反応が遅く、グッドの首相撲からヒザを受けると、そのままアアッパー&フックをいいように受けてしまう。何とかパンチを繰り出したところでテイクダウンを許したオルティス、右目の上をカットしておりレフェリーが試合を中断する。

ドクターの診断を受けたオルティスは、試合続行不可能と判断され、グッドのTKO勝ちとなった。ベラトールFCウェルター級チャンピオンシップトーナメント、最初のファイナリストはライモン・グッドに決定した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie