この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX23】冷え切った観客を前にアスンソンが、ステーリングとの接戦制す

<バンタム級/5分3R>
ハファエル・アスンソン(ブラジル/4位)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アルジャメイン・ステーリング(米国/7位)

まずアスンソンが右ロー、ステーリングも右ローを返し、ハイキックやプッシュキックを見せる。ステーリングは左ミドルを当てて距離を取り、右ローへ。構えを変えて蹴りを多用するステーリングに対し、アスンソンは踏み込みと同時に右を打ち込む。蹴って離れるステーリングが右オーバーハンドも、これは当たらない。とアスンソンの右ローが急所に入り、ステーリングがマットにしゃがみ込む。

再開後、ステーリングは右ローを蹴り込む。ローを繰り返すステーリングにアスンソンは右を合わせにいく。ステーリングの右の蹴りをキャッチしたアスンソンが右フック。ステーリングは右ボディストレートを当てられ、左ジャブを返す。前に出るアスンソンが圧を強めるなか、ステーリングが最後にテイクダウンを狙うも切られ初回が終了。蹴り&離れるというステーリングの動きは、ジャッジにどのように判断されただろうか。

2R、アスンソンの右ローが急所に入ったとアピールするステーリング。アスンソンは急所じゃないという仕種を見せ、レフェリーも試合を止めない。それでもステーリングの態勢が整うまで待ったアスンソンは、蹴りにパンチを当てるタイミングを掴んできたか。間合いを取ったステーリングは左を振るったところで、アスンソンの右を肩口に受けてバランスを崩す。

フラッシュダウンですぐに立ち上がったステーリングだが、アスンソンの圧力に蹴って離れるという動きを続け、一点して狙ったテイクダウンも切られる。ステーリングは右を振るって前に。アスンソンは蹴り足をキャッチして右を狙う。アスンソンのスーパーマンパンチは届かなかったが、その後も圧力を掛けて前に出る。右を当ててローの蹴り合いに応じたアスンソンが、この回を取った。

最終回、距離を詰めるようになったステーリング。アスンソンも前に出る姿勢を見せるが、基本両者とも相手の動きに反応するスタイルを続ける。ステーリングがテイクダウン狙いを切られ、右ミドルと能動的な動きを増やす。と、右を当てたステーリング。アスンソンも左ストレートを当て返し、両者のパンチの交錯が見られるように。

ステーリングは左ジャブを2つ見せ、軸足を変えての後ろ回し蹴りも距離が遠い。最終回は手数で上回ったステーリングは、パンチからテイクダウンを狙う。ステーリングは左ミドルを入れて右を伸ばす。最終回は手数で優ったステーリング。初回をどのようにジャッジが判断したか。

結果、スプリットでアスンソンに凱歌が上がり、ステーリングが思わずキャンバスにしゃがみ込んだ。「言い訳はしない。グレートな試合だったけど、この雰囲気になるのも理解している」と勝者は話した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie