この星の格闘技を追いかける

【UFC210】ダニエル・コーミエー×アンソニー・ジョンソン2、4カ月遅れで実現!!

25日(水・現地時間)、UFCが4月8日(土・同)にニューヨーク州バッファローのキーバンク・センターで開催されるUFC210のメインで、UFC世界ヘビー級選手権試合=王者ダニエル・コーミエー×挑戦者アンソニー・ジョンソン戦を行うことを明らかにした。

一昨年5月にジョン・ジョーンズが剥奪されたベルトを争い、この時はコーミエーがテイクダウンからコントオール&パウンドでジョンソンを圧倒、ベルトを巻いている。その後、ジョンソンはジミ・マヌワ、ライアン・ベイダー、そしてグローバー・テイシェイラを相手に3試合連続KO勝ち。テイシェイラとの事実上の挑戦者決定戦では僅か13秒でKO勝ちし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトも3試合連続で獲得している。

本来であれば昨年12月のUFC206のメインで両者の再戦が組まれていたが、コーミエーの負傷欠場でこの一戦は延期されていた。コーミエーの2016年は4月のジョーンズとの防衛戦も負傷で出場ならず、再度スケジューリングされた7月にはジョーンズが出場停止となり、急遽出場のアンデウソン・シウバと気の抜けたコーラのような戦いを消化したのみ。

勢いでいえばジョンソンに分がありそうだがUFCアナリストとして舌も滑らかなコーミエーに負傷欠場の精神的影響は全く感じられない。前回は何もできずにコーミエーのRNCに下っているジョンソンは、ブラックジリアンを離れたハリー・ホーフトへの師事を続けコンバットクラブに所属を変えたばかり。連続KO勝ちの支柱となった打撃コーチとともに王座奪取を狙う。

なお同大会では既にクリス・ワイドマン×ゲガール・ムサシ注目のミドル級戦が発表されている。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie