この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】第1回SHO MMA公開計量、終了

 (C) Strikeforce15日(金・現地時間)にカリフォルニア州フレズノのセーブマート・センターで行われるSHO MMA : Strikeforce Challenger Seriesの公開計量が14日(木・同)に行われた。

【写真】ビリー・エヴァンゲリスタ(左)とマイク・アイナ(右)、ともにこの勝利を足がかりにビッグステージを目指す。が、ストライクフォースだけに計量がどうなったのか――、続報はまだ届かない (C) Strikeforce

メインに登場するビリー・エヴァンゲリスタは、「こんなに注目されるのは始めての経験だ。ただ、無敗をキープするために戦う。プレッシャーは毎試合のように感じるけど、ホームタウンでの試合だから少し普段より大きい。とにかくベストを尽くす。アイナの試合を見たことはない。これまでも対戦相手のテープを見ないでやってきた。大切なのは自分の動きをすること。対戦相手が、同じように動くことはないからね。俺の方がパンチのスピードが速い。踏み込んでアッパーカットと蹴りで勝負したい」とコメントを残している。


また、一方のアイナは「エヴァンゲリスタは素晴らしい戦績を残しているけど、誰にだって穴はある。ハワイから長旅だった。それは、負けるための旅行じゃないんだ」と話している。

ちなみにエヴァンゲリスタとアイナはそれぞれ、1・5ポンドと1・2ポンドを規定よりオーバー、プレリミナリーマッチ出場のファブリシオ・モランゴが0・2ポンド、女子フライ級に出場するゾイラ・フロストは4・8ポンドと大きく契約を上回っている。

■SHO MMA 計量結果

<ライト級/5分×3R>
ビリー・エヴァンゲリスタ:157.5ポンド(71.4キロ)
マイク・アイナ:157.2ポンド(71.3キロ)

<女子バンタム級/3分×3R>
サラ・カフマン:135ポンド(61.2キロ)
ミーシャ・テイト:135.4ポンド(61.3キロ)

<ヘビー級/5分×3R>
レイバー・ジョンソン:246.4ポンド(111.7キロ)
カール・セウマヌタファ:250.5ポンド(113.6キロ)

<ライトヘビー級/5分×3R>
アンソニー・ルイス:205.2ポンド(93キロ)
アーロン・ロサ:205.4ポンド(93.1キロ)

<フェザー級/5分×3R>
バオ・クァーチ:145.8ポンド(66.1キロ)
ティト・ジョンズ:145.6ポンド(66キロ)

■プレリミナリーマッチ 計量結果

<160ポンド契約/3分×3R>
ベン・ホルスチャー:160.2ポンド(72.6キロ)
コディ・カンタベリー:160ポンド(72.5キロ)

<女子フライ級/3分×3R>
ゾイラ・フロスト:129.8ポンド(58.8キロ)
エイベリー・ベルチェ:122.8ポンド(55.7キロ)

<ライト級/3分×3R>
カレオ・クァン:155.4ポンド(70.4キロ)
トーマス・ディアニュ:155.6ポンド(70.5キロ)

<ライト級/5分×3R>
ファブリシオ・モランゴ:156.2ポンド(70.8キロ)
トーランス・テイラー:155.8ポンド(70.6キロ)

<ミドル級/3分×3R>
チャド・ソットン:184ポンド(83.4キロ)
スペンサー・ヘーンズ:180.6ポンド(81.9キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie