この星の格闘技を追いかける

【RFC35】王者ジョンファン、RYOとのタフファイトを制して初防衛に成功

<ROAD FCミドル級選手権試合/5分3R+ExR>
[王者] チャ・ジョンファン(韓国)
Def.4R2分40秒 by TKO
[挑戦者] RYO(日本)

じりじりと前に出てジャブを突くジョンファン。RYOは足を使って距離を取って右ロー、ジョンファンの足に前蹴りを蹴る。ジョンファンがRYOのジャブに右フックをかぶせると、RYOも前に出て右ストレートをヒットさせる。ケージ際で組みの攻防になるとレフェリーがブレイクを命じる。

再開後、両者の右ストレートが交錯。ジョンファンが右ローを蹴ると、RYOも同様に右ローを蹴り返す。パンチの攻防からジョンファンが組みつくと、逆にRYOが足をかけてテイクダウン。肩固めを狙いつつ、ジョンファンの動きに合わせて後ろにつく。

ジョンファンが立ち上がると、RYOはバックスローを狙いつつ正対してシングルレッグへ。距離を取ったジョンファンも右を強振して前に出る。

2R、RYOの右ミドルをキャッチしてジョンファンがテイクダウンをして足関節へ。極まらないと見るやすぐに立ち上がる。RYOはそのままジョンファンをケージに押し込んでテイクダウンを奪う。

ジョンファンはガードから腕十字を狙いつつ立ち上がり、ケージ際で四つ組の攻防になる。ここでもRYOがジョンファンをテイクダウンするが、ジョンファンに立ち上がられてしまい、試合はスタンドへ。

前に出るジョンファンがジャブから右ストレート。これを被弾してしまうRYO。何とか組みついてテイクダウンを狙うがジョンファンは倒れない。逆にジョンファンがRYOの投げをつぶしてテイクダウンし、ハーフガードで上になる。

1Rとは逆にジョンファンが肩固めを狙いながらパスガードを仕掛け、ジョンファンがトップキープしたまま2Rを終えた。

3R、右を振って前に出ていくジョンファン。インローがローブローとなり、試合が一時中断される。再開後、ジョンファンは手数を増やして前に出てバックスピンキック、RYOも右ストレートを返すが前に出るのはジョンファンだ。

パンチを打ち合う展開になると、ビッグヒットを狙うジョンファン。細かくパンチを打つRYOという攻防が続き、RYOが組みついてジョンファンをケージに押し込む。しかしジョンファンもケージを使ってテイクダウンを阻止し、RYOの投げを崩してパンチを打ち込む。

終了間際、再びジョンファンが右ストレートから前に出て、RYOにケージを背負わせてパンチを打ち込む。本戦の判定は差がつかず、5分間の延長戦に突入する。

延長R、最終ラウンドの勢いそのままに右ストレート・左フックで前に出るジョンファン。RYOも右を細かく突いてジョンファンをケージまで押し込み、四つ組みからテイクダウンを狙う。

背中を見せて立ち上がったジョンファンが右フックを叩き込んでダブルレッグへ。これを切られてRYOにテイクダウンを奪われるが、すぐに立ち上がってパンチで攻め込む。右ストレートから左フックを打ち込み、そのままパンチを連打すると、RYOが棒立ちになる。

ここでレフェリーが試合をストップし、RYOとのタフファイトを制したジョンファンが初防衛に成功した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie