この星の格闘技を追いかける

【Glory36】試合結果 バダ・ハリがヴァーホーベンに負傷TKO負け。初の女子世界王者はヴァンスースト

glory-collision【写真】想像を絶する雰囲気の中で行われたヴァーホーベン×バダ・ハリ。ヨーロッパのキックボクシング熱の高さとバダ・ハリのカリスマ性を改めて感じさせたらた大会となった(C)JAMES LAW/GLORY SPORT INTERNATIONAL

10日(土・現地時間)、ドイツはオーバーハウゼンのケーニッヒ・ピルスナー・アリーナでGLORY COLLISION、GLORY Super Fight Series、GLORY 36 Germanyが行われた。

3部構成の同大会、メインのバダ・ハリ×リコ・ヴァーホーベンは異様な雰囲気の中で行われ、ハリが右腕負傷でTKO負け。再戦を誓い合った。またGlory初の女子世界王者にはティファニー・ヴァンスースト、ライト級世界戦はシッティチャイ・シッソーピーノンがマラット・グレゴリアンを下し王座防衛戦に成功している。

今大会の全試合結果は以下の通りだ。


GLORY 36
<ヘビー級/3分2R>
○リコ・ヴァーホーベン(オランダ/ヘビー級王者)1R1分20秒
TKO
詳細はコチラ
×バダ・ハリ(モロッコ)
<Glory世界ウェルター級選手権試合/3分5R>
○セドリック・ドゥンベ(フランス/4位)5R
判定
×ニキー・ホルツケン(オランダ)
<ヘビー級/3分3R>
○ベン・サディック(モロッコ/12位)3R
判定
×イスマエル・ロント(オランダ/2位)
<女子スーパーバンタム級GP決勝/3分3R>
○ティファニー・ヴァンスースト(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アメル・ディービー(フランス)
<Glory世界ライト級選手権試合/3分5R>
○シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)5R
判定
詳細はコチラ
×マラット・グレゴリアン(ベルギー/1位)
<フェザー級/3分3R>
○ファビオ・ピンカ(フランス)3R
判定
×モサブ・アムラーニ(モロッコ/2位)
<ライト級挑戦者決定T決勝/3分3R>
○ディラン・サルバドール(フランス/5位)3R
判定
×ヒスニ・ベキリ(スイス/13位)
<ライト級挑戦者決定T準決勝/3分3R>
○ヒスニ・ベキリ(スイス/13位)3R
判定
×アントニオ・ゴメス(スペイン)
<ライト級挑戦者決定T準決勝/3分3R>
○ディラン・サルバドール(フランス/5位)3R
判定
×アナトリー・モイセーエフ(ロシア/2位)
<ライトヘビー級/3分3R+ExR>
○ミシェル・ドゥット(オランダ/11位)4R
判定
×ダンヨ・イルンガ(ドイツ/8位)
<ウェルター級/3分3R>
○ハルート・グレゴリアン(アルメニア/6位)1R1分01秒
TKO
×ダニエル・ソラヤ(ドイツ)
<女子スーパーバンタム級GP準決勝/3分3R>
○ティファニー・ヴァンスースト(米国)3R
判定
×ジェシカ・グラッドストーン(カナダ)
<女子スーパーバンタム級GP準決勝/3分3R>
○アメル・ディービー(フランス)3R
判定
×イシス・ファービック(オランダ)
<ライト級/3分3R>
○ティジャニ・ベスタティ(オランダ)3R
判定
×アンドレ・ブルール(ロシア)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie