この星の格闘技を追いかける

【RFC35】試合結果 RYO激闘の末にTKO負け、佐々木信治もクォン・アソルに下るもマイクが感動を呼ぶ

road-fc35【写真】日本から出場した6選手は1勝5敗。タイトル戦で敗れたRYO、佐々木の両ベテランは現役続行を明言している(C)MMAPLANET

10日(土)、韓国ソウルのソウル市チャンチュン体育館でROAD FC 35が行われた。

YOUNG GUNS31を含め、日本から出場した6人のファイターはメインのチャリティ戦でアクション俳優のキム・ボソンに勝利した武士正以外の5人は敗れ、タイトル戦を含めた4試合でフィニッシュされた。ROAD FCでタイトルを取ることは今後さらに困難となってきそうだ。

今大会の全試合結果は以下の通りだ。


ROAD FC 35
<ウェルター級チャリティーマッチ/5分2R>
○武士正(日本)1R2分35秒
TKO
詳細はコチラ
×キム・ボソン(韓国)
<ROAD FCライト級選手権試合/5分3R>
○クォン・アソル(韓国)1R1分37秒
KO
詳細はコチラ
×佐々木信治(日本)
<ROAD FC無差別級選手権試合/5分3R>
○マイティー・モー(米国)1R1分10秒
KO
詳細はコチラ
×カルロス・トヨタ(ブラジル)
<ROAD FCミドル級選手権試合/5分3R+ExR>
○チャ・ジョンファン(韓国)4R2分40秒
TKO
詳細はコチラ
×RYO(日本)
<バンタム級/5分3R>
○キム・スーチョル(韓国)2R3分49秒
腕十字
詳細はコチラ
×清水俊一(日本)
<ライト級/5分3R>
○ブルーノ・ミランダ(ブラジル)1R2分59秒
TKO
詳細はコチラ
×キム・スンヨン(韓国)
<ライト級/5分3R>
○ムングオスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)1R1分02秒
TKO
詳細はコチラ
×パク・ウォンシク(韓国)
<80kg契約/5分3R>
○イ・ウンス(韓国)1R2分30秒
TKO
詳細はコチラ
×ヤン・ポン(中国)
<フェザー級/5分2R>
△キム・ヒョンス(韓国)2R
Draw
△パク・ヒョングン(韓国)
<ライト級/5分2R>
○パク・デソン(韓国)2R
判定
×キム・ギョンピョ(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○キム・セヨン(韓国)1R4分32秒
RNC
×ヤン・ジュンカイ(中国)
<フェザー級/5分2R>
○イ・ジョンヨン(韓国)2R
判定
×キム・ホジュン(韓国)
<フライ級/5分2R>
○ワン・デユ(中国)1R1分18秒
TKO
×カン・ヨンス(韓国)
<ライト級/5分2R>
○キム・ギュヒョン(韓国)2R
判定
×玉木壽成(日本)
<フライ級/5分2R>
○キム・ウジェ(韓国)2R
判定
×コ・ドンヒョク(韓国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie