この星の格闘技を追いかける

【TUF24】レビュー01 セレクションと対戦相手決定。扇久保はシード05で選択は7番目、ズルと対戦へ

LINEで送る
Pocket

3日(土・現地時間)、ネバダ州ラスベガスのパームス・カジノリゾート内ザ・パールにおいてTUFシーズン24「Tournament of Champions」が開催される。2005年のシーズン開始以来、初となる世界各国のMMAプロモーションのチャンピオンを16名集め、シーズン内でトーナメントを完結させ優勝者はUFC世界フライ級王者デメトリウス・ジョンソンへの挑戦権を獲得するという試み。


そんなシーズン24優勝者とDJの世界戦が今週末にいよいよ行われる。当大会では同シーズン・コーチのジェセフ・ベナビデスとヘンリー・セフードの対戦も組まれているが、ここで日本から修斗世界バンタム級(56.7キロ)チャンピオン扇久保博正も参加したシーズン24トーナメント戦の模様をレビューしたい。

まずレヴュー第1回はエピソード01からセレクションの模様までをまず振り返っておきたい。

「修斗に誇りを持っている。一番のベルトだと証明したい」と言い切った扇久保を含め16人のチャンピオン達に対し、DJは「みんなにTUFフィナーレで僕と戦うチャンスがある」と挨拶をし、颯爽とジムを去っていく。

ここからミット打ちと、グラップリング・スパーをベナビデスとセフードが見守り、セレクションが始まると同時に初戦&トーナメント枠が決まった。

コイントスでベナビデスに選択権が与えられ、あらかじめシードナンバーが確定しているファイターから1名をピックする。その結果、自動的にシード08と09の間で上位と下位に分けられたファイターは、シード順位で対称にある選手(シード01を選ぶと、シード16の選手と対戦する)とのトーナメント1回戦が確定。対戦相手はチーム・セフードに属することになる。

続いてセフードが選んだ選手が、同様に対称にある下位シード順の選手──チーム・ベナビデスに属する──との一回戦が決まり、先に決まった対戦カードの山から一番遠いトーナメント枠にはめ込まれる。

下記の一覧では【チーム・ベナビデス】のセレクト順と対戦カード、【チーム・セフード】のセレクト順と対戦カードを分けて記した。

つまり8巡までの選択選手のなかで「サクラバ」と呼ばれた扇久保は7番目に選ばれたことになる。そう扇久保はシード05でありながら7番目のピック、ベナビデスは5巡目に修斗南米王者のカニードをセレクトしており、言葉の壁を憂慮したことも考えられるが、世界王者の評価は南米王者を下回ったことになる。

また先行ながらベナビデスのファーストピックはシード03のティム・エリオット、2度目の選択選手もシード04のダマッシオ・ペイジで、後攻のセフードがシード01と02のファイター=アレッシャンドリ・パントージャ&ヨニ・シェルバトフを獲得しているのも面白い。

同様に最終ピックとなったカイ・カラフランスは唯一の下位シードから8巡目までに選ばれた選手になっており、この辺りもコーチの好き・嫌いが反映しているように思われる。

以下、チーム分けとセレクト順、そして対戦カードだ。

【チーム・ベナビデス】
(選択01)
ティム・エリオット タイタンFC王者 16勝6敗/(米国・シード03)
チャーリー・アラニツ ヘック・スファイト・シリーズ王者/8勝1敗(豪州・シード14)

(選択02──全体で3番目)
ダマッシオ・ペイジ レガシーFC王者/19勝10敗(米国・シード04)
アダム・アントリン TPF(タチパレス・ファイティング)王者/11勝3敗(米国・シード13)

(選択03──全体で5番目)
ホナウド・カニード 修斗南アメリカ王者/6勝0敗(ブラジル・シード07)
ジェイミー・アルバレス アブソリュートFC/6勝1敗(米国・シード10)

(選択04──全体で7番目)
扇久保博正 修斗世界バンタム級(56.7キロ)王者/15勝3敗(日本・シード05)
カジムロ・ズル エクストリーム王者/7勝2敗(南アフリカ・シード12)

【チーム・セフード】
(選択01──全体で2番目)
アレッシャンドリ・パントージャ RFA王者/16勝2敗(ブラジル・シード01)
ブランドン・モレノ ワールド・ファイティング・フェデレーション王者/11勝3敗(メキシコ・シード16)

(選択02──全体で4番目)
ヨニ・シェルバトフ エクセシブ・フォースFC王者/5勝0敗1分(ロシア・シード02)
エリック・シェルトン ケイジド・アグレッション王者/10勝2敗(米国・シード15)

(選択03──全体で6番目)
マット・シュネル レガシーFC暫定王者9勝2敗/(米国・シード06)
マット・リーゾ ROC(リング・オブ・コンバット)王者/9勝2敗(米国・シード11)

(選択04──全体で8番目)
カイ・カラフランス ブレグィング・ライツ王者/12勝5敗(ニュージーランド・シード09)
テレンス・ミッチェル アラスカFC王者/11勝2敗/米国・シード08)

PR
PR

関連記事

Movie