この星の格闘技を追いかける

【UFN35】オーティズ惜敗。TD有効も、モラガ越えはならず

2014.01.16

<フライ級/5分3R>
ジョン・モラガ(米国/4位)
Def.2-1: 29-28, 28-29, 29-28
ダスティン・オーティズ(米国/15位)

いきなり右フックをヒットさせたオーティズは、モラガのテイクダウン狙いを切って逆に組んでバックへ。そのままケージに押し込んだオーティズが、前方や後方に素早く崩しを仕掛ける。ヒザ蹴りを入れ、両ワキを差したオーティズが2分経過したところで、テイクダウンに成功する。腰をコントロールしてモラガを立たせないオーティズ。足を一本抜いたオーティズが、ヒジを落す。

モラガはラバーガードを狙うも、オーティズが頭を上げてパウンドを落していく。そのままトップを取りつづけたオーティズが、まずは試合をリードした。2R、重い右ロー、左フックをヒットしたモラガが反撃開始。小気味良く右ローを蹴り込み、左の相打ちで打ち勝つ。スイッチを繰り返すオーティズだが、モラガが頭の高さを変えると、見事に反応する。左フックを受けて、テイクダウン狙いでごまかしに行ったオーティズだが、ケージに押し込まれヒザをボディに受ける。ボディフックからヒザと腹を攻めるモラガは、オーティズが距離を取ると右ストレートでダウンを奪う。

ガードから起き上がりシングルに出たオーティズにエルボーを落したモラガは、そのまま喉下に腕を差しこみRNCからバックへ回り込む。尻をずらして、胸を合せていき絞めを逃れたオーティズがリバーサルに成功する。バック狙いを防いだモラガ、間合いを取り直すと右をヒットさせる。モラガのシングルをすかして、バックに回ったオーティズ。モラガの前転でスペースができ、ケージに押し込まれたところで2Rがタイムアップに。

最終回、オーティズのテイクダウン狙いをスプロールしたモラガがスタンドへ戻り、右ハイを繰り出す。さらに前に出てくるオーティズに左ジャブから、右ローを蹴り込む。左を打って下がるモラガに、オーティズはワンツーを狙う。右フックから左をヒットしたモラガに対し、オーティズがダブルレッグでテイクダウンに成功する。

残り90秒、細かい右ヒジを落すオーティズにモラガがキムラを仕掛ける。これを外して、パスに成功したオーティズ。モラガはハーフに戻すが、細かいヒザを受け続ける。スタンドに戻った両者、バックの取り合いを制したのは、ここでもオーティズ。クォーターバックからヒザを入れ、正面に回り込むとモラガが苦し紛れの引き込みからシングルアームのギロチンへ。互いに細かいパンチを入れたところで、試合が終了し両者揃って両手を掲げて勝利をアピールした。結果、モラガがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Movie