この星の格闘技を追いかける

【UFN35】打撃&TDで圧倒、シウヴェリオがUFC2勝目挙げる

2014.01.16

<ライト級/5分3R>
エリアス・シウヴェリオ(ブラジル)
Def.3-0: 29-27, 29-27, 29-27
アイザック・ヴァリフラッグ(米国)

頭を下げながらパンチを繰り出すヴァリフラッグ、シウヴェリオがローを入れる。下がりながらパンチを出すシウヴェリオは、ヴァリフラッグの左フックにシングルレッグからテイクダウンに成功する。スタンドに戻ると、互いに単発のパンチを繰り出す中、ヴァリフラッグが踏み込んで左フックを放る。しかし、逆にシウヴェリオの左を受けてダウンを喫する。後方から左のパンチを被弾し続けるヴァリフラッグ。亀になったヴァリフラッグは、シングルバックを取られた状態で立ち上がる。胸を合わせにいったシウヴェリオは右を打ち込み、ヒザにつなげる。残り30秒、闇雲に前に出てくるヴァリフラッグにパンチを入れたシウヴェリオが、ケージ際でもパンチを集中させた。

2R、思いきりフックを振り回すヴァリフラッグから早々にテイクダウンを奪ったシウヴェリオ。ハーフから潜り、シウヴェリオの反応に合せて起き上がろうとしたヴァリフラッグ。ここでシウヴェリオのヒザが反則と判断され、ペナルティで1ポイントを失ってしまう。再開後、勢いづけて前に出るヴァリフラッグだったが、左ストレートからハイキックの勢いでケージに押し込まれ、またもテイクダウンを許してしまう。

左腕を差して立ち上がろうとしたヴァリフラッグを潰すシウヴェリオが、左のパンチを落していく。立ち上がらせながら左のパンチを放っていったシウヴェリオ、ペナルティがあってイーブンの2Rとなったか。

最終回、軽快に打撃で攻めるシウヴェリオが、ケージ際でエルボーからヒザを見せ、テイクダウンへ。そのままマウントを取ったシウヴェリオがバックマウントへ。シウヴェリオは背中を伸ばそうとするが、ヴァリフラッグは亀の状態になって耐える。足を入れて体を伸ばさせたシウヴェリオはパンチを落とす。ヴァリフラッグも足を一本戻すが、立ち上がることはできない。残り70秒でマウントに移行したシウヴェリオは、再びバックマウントへ。RNCこそ逃れたヴァリフラッグだが、判定で勝ち目はなくシウヴェリオがUFC2勝目を挙げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie