この星の格闘技を追いかける

【UFN35】先手&テイクダウン取り、ピチェルが判定勝利

2014.01.16

<ライト級/5分3R>
ビンチ・ピチェル(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
ギャレット・ホワイトリー(米国)

左ミドルをまず放ったホワイトリー、ピチェルがローを返すと再び左ミドルを繰り出す。距離を詰めたピチェルは右ストレートを打って距離を取る。左ミドルをブロックし、右ローを蹴り込んだピチェルが左右のローを見せると、組みついたホワイトリーは首相撲からヒザを狙う。ケージ際でテイクダウンに成功したピチェルはアップキックを嫌がり、ローを入れる。

足回しでピチェルを寝技に入らせなかったホワイトリーはブレイク後に鋭いヒザを見せる。飛びつき十字に失敗し下になったホワイトリーは、背中を預けながら立ち上がるが、ピチェルが後方にテイクダウンする。勢いのあるエルボーをガードから放ったホワイトリー、ピチェルはパンチからヒールフックを仕掛ける。

これを引抜いたホワイトリーは、ヘッドアップチョークからトップを奪う。スタンドに戻る鋭いボディを入れたホワイトリーだが、テイクダウンを許してラウンドを戦い終えた。2R、ジャブで前に出るピチェルに対し、ホワイトリーがローを入れるもパンチから組みつかれテイクダウンを許す。

ギロチンを潰して、バックに回りながら強烈なパウンドを落すピチェル。スクランブルから立ち上がったホワイトリーは、パンチを受けて押し込まれると引き込んでガードへ。クローズドガードのホワイトリーに対し、ピチェルが立ち上って勢いのあるパンチを落していく。パスに成功したピチェルはバックに回って両足をフック。RNCを極める時間はなかったが、強烈なパンチを入れて2Rを締めた。

3R、ダブルレッグからホワイトリーの体を旋回させるように振り回してテイクダウンに成功したピチェル。ホワイトリーのハイガードを割って、右のパウンドを体重を掛けながら落す。バスから上四方、サイドに回ったピチェルがヒザをボディに入れて上四方に戻る。

ワキをすくおうとしたピチェルは、ホワイトリーが正対するのに合わせてダースチョークへ。起き上がったホワイトリーのボディにヒザを入れたピチェルは、シングルから体を起こして左エルボーを打ち込む。ケージに押し込まれたホワイトリーは、キムラからグラウンドへ。トップを取ったピチェルは、最後に後方への大きな投げを見せ、優勢のままタイムアップを迎えた。ジャッジの裁定はフルマークでピチェルを支持した。

PR
PR

関連記事

Movie