この星の格闘技を追いかける

【UFN98】ヘルドよ、これがUFCだ──ディエゴがヘルドの関節狙いを遮断し判定勝ち

LINEで送る
Pocket

<ライト級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-27
マーチン・ヘルド(ポーランド)

腰を低く落とした構えのディエゴが左ミドルから左ロー。ヘルドは右フックを振るって前に出る。ディエゴの左ハイをかわしたヘルドが距離を詰めてヒザを突き上げる。首相撲からヒザ蹴り、ダブルレッグを仕掛けたヘルドだが、ここはディエゴが離れる。手をマットにつけて側転蹴りを見せたヘルドに、残り1分でディエゴがダブルレッグからシングルへ移行する。ヘルドはギロチンでディエゴの体を持ち上げる。ディエゴはケージを蹴って防いで離れると、右を入れた初回が終了となった。

2R、ヘルドがスライディングからヒールフックへ。体を起こしたディエゴがパンチを落とし、足を抜いてバックを伺う。前転しながら再びヒールを取りに来たヘルド。足を畳んで潰したディエゴがトップを取り、ガードの中からエルボーを落とす。リストを引き寄せて立たせないディエゴは、足をすくわれないように対応してハーフに。ヘルドは前方回転から三角絞めを狙うが、ディエゴが担いでバックから両足をフック。パンチを入れて2Rを取った。

最終回、疲れが目立つヘルドダブルレッグを切ったディエゴ。しかし、起き上がり際にヒザを入れられそうになる。続くテイクダウン狙いを潰されたヘルドは、足関節を防がれると腕十字、そしてオモプラッタへ。さらに蹴り上げを狙うも、ディエゴはしっかりとトップを取り切る。ヒザ十字でスペースをつくり、立ち上がろうとしたヘルドにエルボーを落としたディエゴがパウンドでヘルドを削っていく。

ヘルドはそれでもオモプラッタとアンクルロックのコンビネーションからウチヒールを狙う。ここもヒザを抜いたディエゴ、この動作の際に立ち上がることができないヘルドは、引き続きエルボーを顔面に被弾する。最後まで足関節狙いのヘルドを潰して、パンチを入れたディエゴが、ここ最近にない支配率の高さで15分を戦いきり勝利を確信。

前夜のリアム・マクゲリーの仕掛けを潰し続けたフィル・デイビスに続き、ディエゴがベラトールファイターに世界最高峰の質の高さを見せつけた形となり、文句無しの判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Movie