この星の格闘技を追いかける

【PFC13】ピメンテル、アルフォンソから王座奪取

2009.05.09

■第10試合 PFC世界ウェルター級選手権試合/3分5R
[挑戦者]カイル・ピメンテル
Def.3R2分48秒/TKO
[王者]オラフ・アルフォンソ

いつの間にか暫定王者から、世界ウェルター級王者に格上げされたオラフ・アルフォンソの王座防衛戦。勢いのある右ローを見せるアルフォンソに、ピメンテルは組みつき、コーナーに押し込んでいく。ダブルレッグでテイクダウンに成功したピメンテルだが、アルフォンソは右腕ロックし、下からエルボーを見舞っていく。

一旦距離を取り、飛びこんでハーフガードを奪ったピメンテル。アルフォンソは落ち着いてガードに戻すが、コーナーとロープで動きを阻まれ、パウンド&鉄槌を連打で浴びてしまう。ブレイク後、スタンドで再開すると、ピメンテルが右ストレートをヒットさせ、アルフォンソが右フックを返したところで初回を終える。


左目尻をカットした王者、蹴り足を掴んでテイクダウンを奪われるが、そのまま腕十字へ。素早く対応し、担ぎからパス、マウントを奪ったピメンテルが勢いのあるパウンドを落としていく。ヒザを押し、ハーフに戻したアルフォンソ。その間、顔面にパンチを受け、すぐにフルマウントに戻されてしまう。カットした箇所にエルボーを集中させ、さらに左右のパウンドを落とすピメンテル。押し戻そうとするアルフォンゾの腕を払いのけて、パンチを続けるが打ち疲れ、足を戻されてしまう。

それでも直後にパスからマウントを奪い返すと、執拗にパウンドを落としエルボーを連打しながらラウンド終了のホーンを聞いた。

圧倒的に試合を有利に進める挑戦者、このラウンドも左クロスから右ストレートを連続でヒットさせ、そのまま組みついてテイクダウンを奪う。ハーフからパス、ワキを差してパンチを落とす。パンチの回転数を落ちると、ブレイクを命じられる。スタンドでも右フック、左フックをヒットさせ、流血が激しくなってきた王者は組みつかれると、思わず引き込むが、ここでもブレイクに。

試合がスタンドに戻ると、直後にレフェリーがドクターにアルフォンソの傷口のチェックを要請する。と、ドクターは試合続行不可能を即座に告げ、カイル・ピメンタルが新PFC世界ウェルター級のベルトをその腰に巻くこととなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie