この星の格闘技を追いかける

【GLORY13】テイシェイラが失速、ヒザでゲルゲス判定勝ち

<ヘビー級/3分3R>
ヘスディ・ゲルゲス(オランダ)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
エヴェウトン・テイシェイラ(ブラジル)

ヘスディ・カラケス改め、ゲルゲス。極真からK-1、そしてMMAを戦ってきたテイシェイラと対戦。ローからワンツーを伸ばすテイシェイラが引き続き左右のロー蹴り込む。ゲルゲスも右ミドルから右ロー、左ストレートを繰り出す。ゲルゲスが左ジャブで前進を止めようとするが、テイシェイラは構わず距離を詰めて左フックから右ローを放つ。左ミドルを交え、ローで試合の基調を作ったテイシェイラが、終盤にもワンツーからスリー、ゲルゲスの右ローに左フックを合せるなど試合をリードした。

2R、右ローから左ストレートを繰り出したゲルゲスだが、これは空振りに。ゲルゲスが前に出るようになり首相撲からヒザ、クリンチという展開が続く。蹴りが少なくなったテイシェイラ、クリンチで2度、3度とブレイクが入る。テイシェイラのパンチをブロックしてから、ローを繰り出すゲルゲス。攻守の入れ替えがはっきりしたダッチ・スタイルで押し込む展開が増える。右フックからロー、テイシェイラのパンチをブロックしながら、攻撃を繰り出すゲルゲスが、ヒザからローでぐらつかせるなど、このラウンドを制した。

最終回、首相撲からヒザ2発ルールを有効に使うゲルゲスが、離れ際にワンツーフックをヒットする。引き続き首相撲からヒザを突き上げて試合を優勢に進めるゲルゲス。ヒザを受け、自らのパンチの空振りでバランスを崩すようになったテイシェイラに、左ハイ、ヒザと攻勢を続ける。離れてはテンカオ、接近戦ではタイクリンチからヒザとゲルゲスの一方的な展開となり、試合は終了。ゲルゲスが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie