この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX09】ローゾン完勝。ダンジグに付け入る隙与えず

2013.12.15

<ライト級/5分3R>
ジョー・ローゾン(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
マック・ダンジグ(米国)

左ジャブを伸ばすローゾン。右フックを放ったダンジグに組みついてテイクダウンを奪う。ハーフからマウントを取ったローゾンがエルボー、即腕十字へ。起き上がったダンジグがヒジを抜いてトップへ。ローゾンは腕十字からオモプラッタ、立ち上がって胸を合わせる。距離を取ったダンジグがヒザ蹴りを繰り出すが、体を入れ替えられケージを背にする。

再度体を入れ替えたダンジグだが、ローゾンが両ワキを差してテイクダウンへ。そのままトップをキープして初回が終わった。

2R、ダンジグが左フックを至近距離でヒットさせ、ローを蹴りこむ。さらにワンツーを打ちこんだダンジグだが、四つ組みからヒザを顔面に受けそうになる。エルボーから右アッパーを返したダンジグは、離れて左ボディフックを打ち込む。左右のフックから右ローと攻勢に出るダンジグが組まれても、ケージにローゾンを押しこむ。

オクタゴン中央に戻り、足を払ったローゾンがテイクダウンに成功する。エルボーで鼻をカットし流血に見舞われたダンジグは、さらに左エルボーを顔面に振り落される。ハーフからボディへのヒザ、左エルボーを落すローゾン。足を捌いてエルボーからパスに成功したローゾンが、残り10秒でマウントへ。腕十字を仕掛けたところで、タイムアップに。

最終回、パンチからローでダンジグが前に。さらに左ボディフックから、左フックを打ち込むダンジグ。今度は右ボディから左をヒットする。ローゾンは狙い澄ました右エルボーから組みついてテイクダウン。左エルボーを落してパス、クルスフィック抑えからエルボーを連打する。マウントをディフェンスするダンジグが、連続でエルボーを受け、ついにマウントを許す。思い切りエルボーを落としたローゾンはクラッチを切りに掛かり腕十字へ。三角を潰され下になってしまったローゾンだが、後方回転から胸を合せ、トップを奪い返す。

残り30秒、ローゾンはパスからサイドを取り、左のエルボーを落して試合を締めた。結果は当然のようにローゾンがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie