この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX09】接戦も手数&精度でラフレアーに軍配挙がる

2013.12.15

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・ラフレアー(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
コート・マクギー(米国)

前に出てワンツーを振るマクギー、距離を取ったラフレアーはサウスポーの構えから左ミドルを入れて、ダブルレッグでテイクダウンへ、バックコントロールから後方に投げるラフレアー。マクギーが右ミドルを放つと、ラフレアーは左ミドルを返す。ラフレアーは左ミドルから左フックを打ち込む。マクギーも細かいパンチを入れるが、ラフレアーが中間距離を支配する。ローをキャッチしてテイクダウンを奪ったマクギーだが、ラフレアーは足関スイープからのスクランブルを制して立ち上がる。

と、首相撲からヒザ、左ミドルと攻勢に出たラフレアー。マクギーは左ジャブから右ミドル、スピニングバックキックの際にバックを取る。胸を合せて左ミドルを入れるラフレアー、互角の初回が終わった。

2R、左から右、右ミドルを伸ばすマクギー。ラフレアーも左ミドルを返す。蹴りからワンツーを入れ、ダブルレッグでテイクダウンに成功したラフレアーはスタンドに戻ると左右のパンチを伸ばす。再度テイクダウンを奪ったラフレアー、マクギーもすぐに立ち上がるが、ラフレアーが無理をして寝技を続けないせいか。

スタンドでヒザや左ストレートを伸ばし、試合を有利に進めるラフレアー。マクギーも右ミドルを返すが、ボディロックからテイクダウンを許しサイドを取られる。流血が目立ってきたマクギーも終盤、盛り返そうとしたがこのラウンドはラフレアーのものに。

最終回、蹴り足をキャッチされたラフレアーだが、自ら後方回転して立ち上がる。右をヒットさせたマクギー。ラフレアーは左ミドルから組みつくが、マクギーが切る。前に出たマクギーはケージにラフラーを押し込みテイクダウンからギロチンへ。頭を引抜いたラフレアーがオクタゴン中央に戻り、左ミドルを蹴り込む。マクギーはニータップから組みつくと、ラフレアーは足を掛けずにキムラを仕掛けすっぽ抜ける。

逆にワキをすくわれたラフレアーだが、腕を抜いて立ち上がる。残り1分、マクギーのダブルレッグを切るがラフレアーはケージに押し込まれる。執拗にテイクダウンを狙うマクギーが、残り30秒でついに尻餅をつかせ、起き上がってくるところでギロチンへ。頭を抜いて引き込んだラフレアー、ここで試合はタイムアップに。結果、3-0でラフレアーが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie