この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX09】急遽出場マコウスキー、3-0でヨルゲンセン下す

<フライ級/5分3R>
ザック・マコウスキー(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
スコット・ヨルゲンセン(米国)

急遽UFC出場が決まったRFAフライ級王者で、元Bellator世界バンタム級王者のマコウスキー。対するはフライ級転向初戦のヨルゲンセン。サウスポーのマコウスキーが左ローを入れると、ヨルゲンセンも右ローを返す。マコウスキーのテイクダウン狙いをカットしたヨルゲンセンがワンツーを放つ。マコウスキーはシングルレッグからバックへ、スピニングバックフィストを見せながらヨルゲンセンが距離を取り直す。マコウスキーが組むに行くと、ヒザ蹴りを突き上げたヨルゲンセンは、逆にドライブしマコウスキーをケージに押し込む。

距離を取り直したマコウスキーの左ストレートで、ヨルゲンセンの動きが一瞬止まる、前に出てきたヨルゲンセンに、引き続き左を打ち込むマコウスキーが左フックへ。姿勢を乱したヨルゲンセンだが、マコウスキーのテイクダウン狙いにギロチンで応える。頭を抜いて、押し返したマコウスキーは再び左ストレート。残り90秒、左ストレートで待ち受けたマコウスキーが、さらに左ストレートでヨルゲンセンのバランスを崩す。マコウスキーの左ハイが空振りとなり、ヨルゲンセンは組みついてバックを伺うもいなされる。最後にテイクダウンを取ったヨルゲンセンだが、ここでもマコウスキーはバタフライスイープと完全にラウンドをモノにした。

2R、序盤の激しいボディロック合戦で、シングルレッグで優位になったマコウスキー。ヨルゲンセンは得意のギロチンを仕掛けるも、マコウスキーはハーフガードから頭を引抜いて柔術立ちでスタンドへ。直後にダブルレッグでテイクダウンを奪ったマコウスキーは、足を束ねてバックに回る。距離を取り直したマコウスキーは、続くダブルレッグは切られるが離れてヒザを見せる。左ストレートをヒットさせたマコウスキーだが、やや動きが落ちて来たか。

左アッパーをヒットしてなお、組まれてテイクダウン許したマコウスキー。ヨルゲンセンはハーフから抑えるも、マコウスキーは足関節狙いから立ち上がる。左スーパーマンパンチをヒットさせたマコウスキーだが、最後に左ハイを放つもここはヨルゲンセンが取り返した。

3R、下がりながらカウンターの左を狙うマコウスキーは、スーパーマンパンチを入れヨルゲンセンのテイクダウン狙いを切る。ショートの左が生きてきたマコウスキー。左ボディを入れ、組みつくが逆にケージに押し込まれる。ダブルレッグを切り、右を放って距離を取ったヨルゲンセン。と、マコウスキーのシングルでテイクダウンを取られたヨルゲンセンが、即リバーサルでトップを奪取する。後方回転からシングルに出たマコウスキーが、ここでトップに。

目まぐるしい攻防のなかでバックから足を入れようとするマコウスキーを振り落したヨルゲンセンだが、がぶり切れない。距離を取り直したマコウスキーは、左の相打ちのあと組みに行くと、シングルで尻餅をつかせる。ヨルゲンセンの首と足を抱えて後方回転でリバーサルを狙うも、トップを譲らなかったマコウスキーがバックマウントへ。

残り30秒を切りRNCを仕掛けたマコウスキーは、そのまま背中にしがみついた状態でタイムアップに。3-0の判定勝ちでマコウスキーがオクタゴン初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie