この星の格闘技を追いかける

【RFC35】12月10日、キム・ボソン×武士正!! キム・スーチョル出場&クォン・アソル×佐々木信治も

LINEで送る
Pocket

kim-vs-kondo-san【写真】どうしても近藤さんと書きそうになってしまう武士正とキム・ボソンの会見が大々的に行われた (C)MMAPLANET

18日(火・現地時間)、ROAD FCが記者会見を開き、韓国の俳優キム・ボソンが12月10日(土・同)にソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC35で日本の武士正と対戦することが発表された。


ウリ(※韓国語で義理)が売りの50歳の俳優で、バラエティ番組にも多く出演しているという銀幕のスターのMMA出場、対戦相手の武士正こと近藤哲夫は49歳で関西を拠点にする小径ケージ使用のインディMMAイベント=Wardogやリング使用のACFを運営している。グラップリングのみならず、MMAにも出場し続けている近藤は5月のGrachan23では秀虎のパウンドに敗れている。

kondo-san同会見で武士正が「記者会見で、なんでサングラスしているの? 日本だったら失礼ですよ」といえば、サングラスを外したキム・ボソンは「彼は思ったより年を取っているように見える」というやり取りも見られた。

飽くなきチャレンジ精神を持ち続ける2人と呼ぶことができるが、もちろん賛否両論はあるだろう。なお、子供のガン患者に寄付を続けているキム・ボソンは今回の試合のファイトマネーも全額Road FC ラブシェアリング・プロジェクトを通じて寄付をすることも明らかになっている。

そんな両者の試合の発表に加えて、キム・スーチョル×キム・ミンウのRoad FCバンタム級王座決定戦を行う予定だったが、キム・ミンウの負傷&手術のためにキム・スーチョルのみ出場すること、そしてクォン・アソルのベルトに佐々木信治が挑戦するRoad FCライト級選手権試合が同大会で組まれることも併せて発表されている。

PR
PR

関連記事

Movie