この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX09】組んでは引き込み、ウエノヤマが判定負け

2013.12.15

<フライ級/5分3R>
アルプテキン・オズキリッチ(米国)
Def.2-1: 30-27, 28-29, 29-28
ダレン・ウエノヤマ(米国)

左ジャブを伸ばすオズキリッチ。オズキリッチが左ローを放てば、ウエノヤマも左ローから左足へシングルレッグを仕掛けテイクダウンを奪う。立てないオズキリッチはガードから腕十字へ。左腕を抜いたウエノヤマは足首をコントロールするも、ヒザをついたオズキリッチがトップを取り返す。

自らスタンドに戻ったオズキリッチは、ウエノヤマのテイクダウン狙いを切る。右ストレートから組んでいったウエノヤマだが、アウトサイドトリップで倒されガードを取る、オズキリッチはエルボーを落とし、パウンドへ。ウエノヤマは左手を抱え、上体を起こすとオズキリッチは、ここでも自らスタンドへ戻る。ウエノヤマは右ロー、オズキリッチのワンツーをよせて右前蹴りを入れたところで初回が終了した。

2R、引き込んで足関節、さらに組みついていったウエノヤマだが、スプラドルでひっくり返されガードを強いられる。パウンドを落としスタンドに戻っても、ウエノヤマの引き込みに対しオズキリッチがトップをキープ。レフェリーがブレイクを命じ試合がスタンドに戻っても、ウエノヤマが組んでガードという展開を続ける。立ち上がったオズキリッチに左右のローからハイを狙ったウエノヤマだが、組んではガードという展開はポイントを失うのみとなった。

最終回、オズキリッチの右を受けて下がったウエノヤマは左を受けながら首相撲へ。そのままケージに詰められ小外刈りで倒されたウエノヤマは、ここでもガードを強いられる。ラバーガードを潰されたウエノヤマ、スタンドへ戻ると派手なスピニングヒールキックを見せるも、全く効果はない。オズキリッチの右の勢いに圧され、左アッパーやボディ、ジャブを被弾するウエノヤマ。残り2分を切っても、ウエノヤマはシングルを切られて引き込む。スタンドに戻り、ボディを打ち込んだオズキリッチがテイクダウンから、すぐに立ち上がる。ウエノヤマの蹴りはプレッシャーを与えることができずオズキリッチがワンツー、左を打ち込む。テイクダウンで試合をリードし、最後までパンチでプレッシャーを与えたオズキリッチが、ジャッジ一人がウエノヤマにつけるという意味不明のジャッジもあったが、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie