この星の格闘技を追いかける

【Invicta07】TUF出演ならなかったエヴィンガーが逆転勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
トーニャ・エヴィンガー(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
サラ・ダレリオ(米国)

TUFでハウス入りならなかったエヴィンガーが、タイトル戦線にも絡んでいたダレリオと対戦。互いにジャブで距離を測ると、すぐにエヴィンガーが距離を詰めて右を放っていく。左ジャブを打って離れるエヴィンガーが、ダレリオのローに右を合せる。前に出てローを繰り出したダレリオは、ハイキックをよけるとダブルレッグでテイクダウンに成功しサイドから抑える。左エルボーを落すダレリオは、ハーフに戻されてもアームロックを狙う。

残り2分、体を起こしてエヴィンガーのクラッチを外しにいったダレリオだが、抑え込みがルーズになり関節技は解かれる。立ち上がってローを入れるダレリオに対し、起き上がったエヴィンガーが足を取ってシングルレッグへ。尻餅をつかされたケージを背に立ち上がったダレリオ。エヴィンガーはダブルレッグを切って右を放つ。

2R、ダレリオは左右のローを見せ、右フックを打ち込む。組みついたダレリオだが、エヴィンガーは小手をきめ払い腰のような投げでテイクダウン。足を畳んでパスを狙いつつ左エルボーをボディに落すエヴィンガー。フルガードに戻したダレリオが三角絞めを狙う。ケージに押し込み体重を懸けて足を捌いたエヴィンガーのボディを蹴り上げてダレリオがスタンドに戻る。残り1分、左ハイでダレリオをふらつかせたエヴィンガーが組みついてダブルレッグでテイクダウンを奪う。立ち上がったダレリオにアッパーを打ち込み、その後のパンチは空振りが目立ったがエヴィンガーだがラウンドを取り返した。

最終回、右フック、アッパーとボクシングで優勢に立ったエヴィンガーがテイクダウンに成功。首を抱えるダレリオのギロチンは、姿勢が窮屈でタイトに攻められない。クローズドガードを取るも、頭を抜かれたダレリオがガードを取る展開が続く。強引な三角絞めからオモプラッタ、さらに腕十字に移行したダレリオ。エヴィンガーは顔を足の裏で押してディフェンス。三角と十字のコンビネーションも極め切ることが出来なかったダレリオが、エヴィンガーのパンチを受ける。ダレリオは潜ってシングルを狙うが、エヴィンガーはロールからトップをキープする。残り30秒、抑え込みから左のパウンドを落すエヴィンガーがバックに回り込み足をフックしようとしたところでタイムアップに。ジャッジは2&3Rで優勢に立ったエヴィンガーを支持、3者とも29-28をつけ3-0で彼女の勝利となった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie