この星の格闘技を追いかける

【UFN33】ダウン&TD奪い、水垣が日本人2人目のUFC4連勝

2013.12.07

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本/10位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 30-28
ナム・ファン(米国)

左ジャブを伸ばすナム、左フックを返す水垣。水垣は左フックから右ストレート、左ボディショットに右アッパーと間断なくパンチを続ける。左のショートから左ボディをヒットさせた水垣は左の連打から、ケージに追い込みダブルレッグでテイクダウンを奪う。ケージを背にして立ち上がろうとするナムの顔面にパンチを連続で入れた水垣は、オクタゴン中央でも右ストレートをヒットさせる。

左ジャブから右フック、直後に左を打ち込む水垣は左フックを空振りしても、腰をコントロールして尻餅をつかせる。残り2分を切り、足を持ち上げながら右フックをナムに打ち込んだ水垣が距離を取る。引き続き水垣は右ストレートからワンツー、左ボディショットに左アッパー、そして左フックとナムを圧倒する。左ボディフックから右ストレートを伸ばし、さらに左ストレートから右ストレート、ヒットしたパンチを後追いするのも難しいほど圧倒的に水垣は初回を攻め続けた。

2R、すぐに右ストレートをヒットさせた水垣は、右ストレートからテイクダウンの距離は合わなくても、フックを連打する。ナムが前に出てくるところで左フックでダウンを奪った水垣が、ケージ際でパンチのラッシュを掛ける。タフなナムはここで倒れないが、水垣は焦らず距離を取り直す、ナムは左ボディフックを繰り出すも、すぐに水垣の左フックと右ストレートに圧される。

テイクダウンは切られた水垣だが、ヒザ蹴りをボディに突き上げ左フックを打ち込む。さらに右から左を打って、ニータップへ。ナムがキムラを狙うもバックに回った水垣は、胸を合せてダブルレッグでテイクダウンを奪取。立たせて左を伸ばすと、左ボディフックを決めた水垣だが、やや疲れたか。ナムは左ボディをヒットさせると、もう一発ボディフックを入れる。水垣も左ボディフックを返し、右ストレートを放つ。やや当てに行った感もあった水垣だが、ダウンも奪い2Rも確実にモノした。

3R、左フックを受けた水垣が左ボディを返す、なぜか勢いを増すナムだが、これは最終回最初の1分の頑張りというパターンに当てはまるか。水垣はテイクダウンを仕掛けると、ナムのキムラ狙いを切って向かい合う、左フックで姿勢が乱れた水垣。ナムが逆転を掛けて前に出ると、水垣も右を入れる。ナムの左ボディに、左フックを返した水垣は左フックでナムを後退させる。

水垣に右のガードを高くするようにセコンドから指示が飛ぶ。残り2分を切って左フックをヒットさせた水垣、ナムも疲れている。ナムの左フックに水垣が右ストレートを返し、さらにヒザを狙う。残り1分、テイクダウンを切られた水垣は左フックを当てる。さらに右を打ち込んだ水垣は、左フックでナムをぐらつかせる。残り10秒、右フックから左で前に出た水垣、ここで試合はタイムアップに。大きく手を挙げたナムに対し、水垣も遠慮がちに手を広げた。結果は3-0で水垣、日本人2人目のUFC4連勝を果たした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie