この星の格闘技を追いかける

【OFC13】公開計量終了、日本勢&背水のラカイ勢も問題なし

2013.12.06

OFC13 weigh in

【写真】5月のマニラ大会では4試合がキャッチウェイトとなったが、今回は問題なく計量は終了した模様だ (C)MMAPLANET

5日(木・現地時間)、明日6日(金・同)にフィリピンのマニラMOAアリーナで開催されるOFC 13「Moment of Truth」の公開計量が行われた。

大石幸史、岡嵜康悦の両日本人選手を始め、出場全選手が公開計量時には問題が残るようなことはなく、無事ファイトデーを迎えることとなった。5月31日のマニラ大会では全滅に終わったラカイ勢、背水の陣で挑む彼らも問題なく計量を終えている。プレリミ第1試合でエドゥアウド・ケリーの対戦相手が、当初発表されていたメイジャー・オーバーオールから、岡嵜の対戦相手候補に挙がっていたエウベウト・バーンズに。契約体重の変更はなかったが顔合わせ自体が変わることとなった。なお、計量結果は以下の通りだ。

■OFC13「Moment of Truth」計量結果

<OFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]大石幸史(65.7キロ)
[挑戦者]ホノリオ・バナリオ(65.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
ケビン・ベリンゴン(60.7キロ)
ダヴィッド・アランダ(61.2キロ)

<ライト級/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(69.7キロ)
ヴィンセント・ラトゥール(69.7キロ)

<ライト級/5分3R>
ヴィシール・コロッサ(70.3キロ)
カロス・フォドー(70.1キロ)

<フライ級/5分3R>
ゲヘ・エウスタキーオ(56.7キロ)
ユージーン・トケーロ(56.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
キム・デフォン(61.1キロ)
タン・ブー(60.6キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アラン・ンガラニ(106.2キロ)
ポール・チェン(116キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョシュア・アルバレス(61.2キロ)
岡嵜康悦(61.2キロ)

<フライ級/5分3R>
キム・ディマ(56.7キロ)
ラウエル・カタラン(56.3キロ)

<フェザー級/5分3R>
エウベウト・バーンズ(65.8キロ)
エドゥアルド・ケリー(65.4キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie