この星の格闘技を追いかける

【Grachan25XBFC02】BLUE DOG GYM創立10周年記念大会、出場選手、主催者のコメント

9月30日(木)に東京都文京区Sports Bar&Dining BRAVOにおいて、10月10日(月・祝)に江東区ディファ有明において開催されるGRACHAN25×BFC 02の記者会見が行われた。

まずBFC02の会見からBLUE DOG GYM BULL会場のコメント、そしてBFC ×ROAD FC 対抗戦対抗戦出場選手のコメント。さらに引退七番勝負の初戦に挑む川口雄介と対戦相手の瓜田幸造のコメント及び、質疑応答の模様をお伝えしたい。


BULL会長
「今回はBLUE DOG GYM創立10周年の記念大会ということで、良い試合が組めたと思います。今大会の見どころは、Krush現チャンピオンの武居由樹選手が出場してくれることになりました、現チャンピオンが参戦してくれる事は異例の事であり中々無いことだと思います。

対戦相手は同じくK-1、 Krush に参戦しているブルドックジム所属の伊藤祐一郎です。Grachanでも経験がある選手です。この2 選手はK-1、 Krushにて活躍しておりますが、普段と違う金網の中でどんな試合を見せてくれるのか──すごく楽しみなカードが組めたと思います。

またもう一つの見どころは、BFC ×ROAD FC 対抗戦対抗戦になります。本来は、ROAD FCの大将として、パク・ウォンシク選手が出場予定でしたが、24日に開催されたROAD FC33の試合で膝、足首の靭帯を損傷し、試合できる状態ではないとのことで、急遽キム・ソンヒョン選手が出場になりました。この選手はアグレッシブで勢いある選手と聞いており、パーキー選手のセコンド、練習パートナーです。

そして、BFCの大将としてブルドックジム所属の近藤定男となります。近藤定男に関しては、大将、メインに相応しい試合を見せてほしいと思います。そして、中堅はBFCから薩摩竜仁、先鋒はDEEPやGRACHANでお馴染みであり経験豊富な堀友彦が揃いました。是非楽しみにしてください!」(※要約)

BFC× ROAD FC対抗戦出場選手コメント

堀友彦
「10周年記念らしい試合をしたい。KOとかの方が盛り上がると思うので、狙っていきます!」

ユ・ジェナム(※ビデオにて)
「こんにちはチームフォースのユ・ジェナムです。今度の試合は絶対負けられません。」

薩摩竜仁
「相手のキム・ソンジェ選手は、約5 年前くらいにDEEPで試合したと思うんですが、その時は今より一つ上のバンタム級の試合でした。それからお互い経験やキャリアを積んでベストな階級のフライ級の試合になるので、前より良い試合が魅せられるとおもうのでバチバチな試合をします!」

近藤定男
「最初パーキー選手で聞いていましたが、対戦相手が変わり最近やっとやる気が固まりました。ガンガン来る選手のようですが、誰が相手でもやることは一緒なんで頑張ります。」

キム・ソンヒョン(※ビデオにて)
「こんにちは。ウルサン・チームマッドのキム・ソンヒョンです。この前の試合の相手もサウスポーだったので、今回もサウスポー対策は万全です。試合に向けて準備した全てを出して、華やかで熱い試合をお見せします。」

瓜田幸造
「瓜田です。今回は総合格闘技自体は久々なんですけど、GRACHANの岩崎代表と私と共通の知人が居まして、試合の話が昨年の暮れからありました。俺自身も階級を下げるのもつらかったので無差別級で良いと言ってはいたのですが、中々話が決まらなかったので少し諦めていたら、とんでもない相手が出てきて、びっくりしています。引退七番勝負と聞いてその1試合を私ができることがうれしく思います。お互いに悔いのない試合をできるよう思いっきりぶつかっていきたいと思います」

──川口選手の印象は?

「試合自体は2 試合くらいしか見たことないですけど、ヘビー級の選手なのに動ける選手というイメージがあります。自分が体力さえ持てば動きのある面白い試合になるのではないかな?とは思っています(笑)」

──フリーランスになられてMMAの試合は久しぶりとのことですが。

「日本国内で試合するのは5年、6年ぶりくらいで3年前までは年に1、2試合ロシアの大会に出場して無差別級で試合していました。でも、練習自体は続けていたので、今は試合用の練習に変えて追い込んでいます。久々の試合で体の疲れに充実感もあり、やる気に漲っています」

──注目してほしいところはでこですか?

「気持ちのぶつかりあいじゃないかなと思います。お互い色々やりつくしてきたと思うので、ここは、精神力、気持ちのぶつかり合いだと思います。良いのをぶつけ合って、どっちが最後に立っていられるかの試合になると思います。」

川口雄介
「瓜田さんは、私よりキャリアもあり、そう言ってもらえたのと10周年とのことで、思いっきり最初から行きたいと思います。」

──引退七番勝負ですが、引退するのを決めた理由を教えてください。

「年齢的な部分より、体調の部分ですね。メガトン級、ヘビー級にこだわってやってきたので、今では体重は戻ってきましたけど一時は体重が90キロを切るところまで落ちて、糖尿病で入院もしました。拘りを維持することが困難になり、最後に一年頑張りたいのでやらせてください!と言うことで七番勝負で区切りをつけようと思いました」

──瓜田選手の印象を教えてください。

「とにかく打撃ですね、上手さもありますし」

──注目してほしい点は?

「何が得意とかはないので、思いっきりぶつかるだけです」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie