この星の格闘技を追いかける

【TUF18】反撃許さず、ジェサミンがペギーに完勝

2013.12.01

<女子バンタム級/5分3R>
ジェサミン・デューク(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
ペギー・モーガン(米国)

打撃の軽い交換のなか、ペギーが首相撲の態勢に入るがすぐに距離が出来る。ジェサミンがワンツーをヒット、首相撲からヒザをボディに入れる。ケージを背にしたジェサミンは左腕を差し返し、体を入れ替える。小手投げを防がれたジェサミンがギロチンから引き込む。ギロチンを解いてハイガードから三角絞めを仕掛けたジェサミン。ペギーは足を引いて、すくわれないようディフェンスする。

ヒジを外側で、腕を送れないジェサミンだったが、足を組み直してリバース三角からエルボーへ。再び足を組み替え、三角絞めに入るが左ヒジは体の外に出ているままだ。残り30秒、エルボーを入れるジェサミンは、絞めよりも打撃でダメージを与えることに切り替え、初回を戦い切った。

2R、やや遠い距離で打撃戦を展開する両者。近づくと首相撲、離れるとジャブを打ち合う。ジェサミンの右アッパーがヒットし、さらに左フックを打ち込む。ジェサミンはワンツーで左フックをヒットし、右ローを蹴り込む。左ジャブが相打ちになり、ジェサミンが右フックをヒットする。パワー不足の打撃戦、ヒット数はジェサミンが多い。首相撲からヒザを一発ボディに入れて、距離を取り直したジェサミンが、左フックを単発で入れる。左フックからの右エルボーは空振りに終わったジェサミンだが、首相撲からヒザで攻めていく。

長身のペギーは首相撲で組みかえしてヒザを入れるも、距離ができるとパンチを被弾するシーンが多くなる。残り30秒、右ストレートを打ち込んだジェサミンがテイクダウンを決めてラウンドを締めた。最終回、打撃戦は変わらずジェサミンがリード。ペギーが首相撲からヒザで反撃に転じるも、直後にジェサミンが連打でケージ際に押し込む。組み合いからバックに回ったペギー、ヘッドロックで耐えたジェサミンだが、つぎに腹這いになりバックマウントを許してしまう。

ペギーにRNCを入れさせないよう左腕をワキで挟んでいたジェサミンだが、腕を抜かれてパンチを受ける。正面を向き、ハーフに戻したジェサミンはガードに徹し、この局面を逃れようとする。と、ここでレフェリーがブレイクを要求し、試合はスタンドで。残り20秒、決まり事のようにパンチを交換する両者。テイクダウンで上を取っても展開を作れなかったペギー、スタンドの攻防で劣勢を挽回できるはずもなく試合が終了した。ジェサミンの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie