この星の格闘技を追いかける

【RFC33】キム・ミンウと対戦、根津優太<02>「沈める準備はできていますッ!!」

yuta-nezu【写真】撮影の合間にふと見せた笑顔を捉える。根津は喜怒哀楽をよく表すが、実に素直で礼儀正しい正確の好漢だ(C)MMAPLANET

24日(土・現地時間)に韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されるRoad FCで韓国MMA界の未来キム・ミンウを対戦する根津優太インタビュー後編。

強豪との試合を前にして、自らのトレーニング・パートナーの強さを再確認。ロードFCバンタム級戦線の頂点に立つ、それは日本を代表して戦っているという想いを持つ根津にとっての命題だ。

<根津優太インタビューPart.01はコチラから>


──MMAはネバークイットとパラエストラ東京でスパーリングをするという感じですか。パラエストラはどのようなメンバーと練習を?

「まず上田選手ですね。あとは修斗ライト級王者の斎藤裕選手、釜谷(真)選手。色々な選手が来てくれます。ごくたまに石渡(伸太郎)選手も来ることがありますし、たくさんの選手とて手を合わせています。打撃からMMAのスパーをやる感じですね。そして、最後にグラップリングもしますが、ほぼMMAです。

石渡選手もめっちゃ強いですし、上田さんも本当に強い。スパーでも圧されますし、練習を見ているだけでも勉強になります。だから自信になるんです。練習なのですが、自分にとっての勝負所を持ち込むことで、勝ち負けの争いにもなっています」

──試合前ですし、言えないこともあることは承知のうえで鈴木会長からはどのようなアドバイスがありましたか。

「キック、ムエタイの戦い方だからキム・ジェフンよりは戦いやすいだろうとは言ってもらっています。リズムがある、つまり相手を見ている選手なので。そのうえでガムシャラな攻撃もできる。まぁ、ちゃんと研究しているし、沈める準備はできていますッ!!」

──狙いはロードFCバンタム級王座、この試合の次ということは頭にありますか。

「あります。事実上、キム・ミンウ選手と自分の上にいるのはキム・スーチョル選手のみ。同じ競技をやっていて、キム・スーチョルは本当に強い選手だと思います。皆、そう言っています。でも、自分までそこに同調していちゃダメなんです。俺はあそこにいかないといけないんで」

──その通りですね。

「日本人、弱くないですよ。キム・スーチョル選手、キム・ミンウ選手が強いからって、俺が一緒に練習している選手達だって凄く強いし。勝手に日本を代表して戦っているって、自分は想っていますから。

お隣の国だろうと、日本を一歩出るということは、海外は海外。そういうところで試合をしていることによって、応援してくれる声もあるし。そうすると、やっぱり日本を代表して戦っているんだって想うようになりました。

あとですね……、ロードFCのスタッフが本当に日本人の自分に期待してくれているのが伝わってくるんです。彼らのためにも良い試合をして、勝ちたいです。

韓国でまた試合をするって約束していたので、中国からソウルに開催地が変更して良かったと思っているぐらいです。そして、キム・ミンウ選手は自分のキャリアで最高の相手です。試合まで緊張を切らせずに頑張ります」

※根津と対戦するキム・ミンウのインタビューはコチラから

■RFC33対戦カード

<無差別級T決勝/5分3R>
チェ・ホンマン(韓国)
マイティ・モー(米国)

<フェザー級/5分3R>
ホン・ヨンギ(韓国)
上迫博仁(日本)

<72.5キロ契約/5分3R>
佐々木信治(日本)
ブルーノ・ミランダ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
キム・ミンウ(韓国)
根津優太(日本)

<ライト級/5分3R>
パク・ウォンシク(韓国)
阿部右京(日本)

<ライト級/5分3R>
ムングオスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)
キ・ウォンビン(韓国)

<54キロ契約/5分2R>
リン・ホーチン(中国)
キム・ヘイン(韓国)

<ミドル級/5分3R>
キム・ネチョル(韓国)
パク・ジョンギョ(韓国)

<63キロ契約/5分2R>
ジャン・デヨン(韓国)
キム・ヨングン(韓国)

<64キロ契約/5分2R>
ヤン・チョンカイ(中国)
ジャン・イクファン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
イ・フソン(韓国)
キム・セヨン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
イ・ジョンヨン(韓国)
チョ・キョンイ(韓国)

<ミドル級/5分2R>
オ・ジェソン(韓国)
キム・ジフン(韓国)

<フライ級/5分2R>
キム・ギュファ(韓国)
キム・テギュン(韓国)

<ウェルター級/5分2R>
スチュアート・グッチ(英国)
チェ・ウォンジュン(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie